[2016学校情報] セントラル・スクール・オブ・バレエ


1982年に元ロイヤルバレエ団プリンシパルの故クリストファー・ゲーブルと、アン・スタナードにより設立されたバレエ学校であるが、その志は高く、バレエの技術的向上と共に高い芸術性を持つダンサーを育て上げる事を目標としている。1998年ゲーブル氏の遺志は前校長サラ・マシューズ女史、そしてゲーブル氏の愛弟子である現校長ハイディ・ホール女史に引き継がれ、3学年約100名の生徒が日々切磋琢磨している。

現在、英国で唯一、クラシックバレエにおいてケント大学の学士号(プロフェッショナルダンス&パフォーマンス)を取得出来る学士コースを提供している。

第3学年はツアーカンパニーである「バレエ・セントラル」に所属し、卒業年の3月よりロンドンを含め、イギリス各地にて公演活動を行うが、これはプロのダンサーとなる準備の最終段階として大変重要視されており、各カンパニーもセントラル卒業生の入団当初からのプロ意識の高さを非常に高く評価している。2016年9月からは、これまでマシュー・ボーンのニューアドベンチャーズにて数多くのプリンシパルを踊り、振付家としても活躍しているクリストファー・マーニー氏を新芸術監督に迎え、ますます充実した授業内容、そして舞台経験が期待される。

所在地:ロンドン、ファーリンドン
学校ホームページ: http://www.centralschoolofballet.co.uk/index.php

入学年齢:16才以上
寮:無し:留学生用食事付き宿泊施設、ホームステイ、ルームシェアなどを利用する。
第1学年初年度学費:£17,600
その他、学校保険、保証金、滞在費ほか諸費用。
取得資格:第1、2学年:基礎学位ディプロマ(ケント大学)
卒業時取得資格:大学士:BA(Hons) in Professional Dance and Performance(ケント大学)
在校生:約100名(3学年)*1年生は例年40名ほど

オーディション:

願書締め切りは通常1月。外国人学生向けのオーディションは予備審査、最終審査とも3月末に実施されるので、現地で受験する学生は1度の渡航で済む。DVDオーディション、プライベート・オーディションも有るが、毎年11月に日本で講習会形式のオーディションを実施しており、毎年5?6名の日本人学生が入学を果たしているので、利用するのが得策。

スプリング/サマーコース
毎年、春休み、夏休みを利用してショートコースが開催される。1週間のコースは申込み順に参加可能だが、サマーコースの上級(アドバンス)クラス2週間は学校の審査に基づいてのみ入学が許可される。11月の日本講習会にてサマーコース・アドバンスクラス(2週間)のオーディションを受けることも可能。

2017年スプリングコース:2017年4月10日~4月13日(4日間) 授業料:£245
2017年サマースクール:2017年7月24日~8月5日(2週間) 授業料:£585(2週間コース)、£37


セントラル・スクール・オブ・バレエに関する投稿記事

 

卒業生の主な進路:
バーミンガム・ロイヤル・バレエ
スコットランド・バレエ
ノーザン・バレエ・シアター
ランベール・ダンス・カンパニー
ポルトガル国立バレエ
アルバータ・バレエ
オーランド・バレエ
ロイヤル・フランダース・バレエ
ルーマニア国立バレエ
シンガポール・ダンス・シアター
バレエブラック
NDT
フェニックス・ダンス・シアター
マシュー・ボーンのニューアドベンチャーズ
Kバレエ
劇団「四季」
オペラ座の怪人(ミュージカル)
ビリー・エリオット(ミュージカル)

スタッフコメント

英国では比較的新しい学校ではあるが、ローザンヌ国際コンクール委員会の厳しい審査を通り、数少ないパートナー校として認定される通り、その内容は他伝統校に勝るとも劣らない教育を施している。

学校はロンドン・キングスクロスに近いファーリンドンにあるが、オペラハウス、サドラーズウェルズ劇場にも徒歩圏内という芸術文化に触れるには絶好の立地である。バレエとコンテンポラリーの割合は9対1であり、基本的にクラシックバレエの学校であるが、学校方針にもある高い芸術性と多様性を併せ持つダンサーを育てるという事はつまり、現代のバレエ団の多くが求めるダンサーを輩出するという事に他ならない。

バレエ団の付属学校ではないが、その強みはすなわち、バレエ団の規格にとらわれず、個々のダンサーとしてのセンスを重視し、特性、特徴を最大限に引き出そうとする教師陣の志が高いことにある。

進級試験はあるが、担当教師の注意を良く聞き、努力していれば落第する事は稀である。第3学年で大学士号を取得出来る事は、ダンサーとしても一個人としても、将来大変有利であることは間違いないが、バレエに関する勉強、バレエ・セントラルの活動(学士号取得にも必要)、就職活動と大忙しの第3学年はそれなりの覚悟が必要。

費用は高額だが、学校には様々な学費補助システムがあるので、外国人でも申請してみると良い。ローザンヌ国際コンクールへは毎年学校からの推薦者のみが出場。

卒業生インタビュー~セントラルを選んだ理由


セントラル・スクール・オブ・バレエってこんな学校です~在校生が紹介します

Vol.1 カリキュラム

Vol.2 ロンドンでの暮らし

Vol.3 2年生でのプロジェクト

セントラル・スクール・オブ・バレエに関する投稿記事

2016学校情報一覧

central