ザ・ウェルズ/ 英国(イギリス)バレエ留学のための講習会・オーディション、バレエ学校出願情報

ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクール (LCDS)

学校の歴史と概要

ザ・プレイス(The Place)またはLCDSの名で親しまれ、1966年創立以来、約40年にわたり英国のコンテンポラリーダンス教育をリードする。

セントラル・スクール・オブ・バレエ、ランベールなどと共に、英国のConservatoire Dance and Dramaに所属するため、卒業後はケント大学の学士号が取得できる。卒業生には、リチャード・オーストン、キム・ブランドストラップ、シボーン・ディビス他、現在も英国のみならず世界のコンテンポラリーダンス界をリードする人々の名が列挙され、特別講習やパフォーマンス出演などで在学中に広がるネットワークは非常に広範囲である。

英国内にコンテンポラリーダンスを普及し独自の発展を促進するため、1969年には「The Place」劇場がオープン、校舎と劇場とがつながった作りとなっている。常に最先端の舞台に触れ、そして毎学期に一度は、自らも発信できる「Ideas and Action」というプログラムによって、互いの創作活動を刺激する機会に恵まれる。

歴史ある建物を改装し、12のスタジオを有するState of the Artの校舎には、世界中からコンテンポラリーダンスを学ぶ学生が集まって来るが、その年齢やバックグラウンドは多様である。また、卒業生の進路は幅広く、世界中のダンス・カンパニーや振付家の元で活躍するだけでなく、多くの振付家、クリエイター、舞台技術関係者など、ダンス関連業界を担う人材を輩出している。

学校ホームページ: http://www.theplace.org.uk/

学校情報

所在地(国・都市)

イギリス・ロンドン(ユーストン)

入学年齢

18歳以上(ケント大学)

生徒数

3学年約150名、1年生約50名

コース期間(標準)

ロウア―スクール 5年間 アッパースクール 3年間

授業内容・科目

コンテンポラリー・ダンス、クラシック・バレエ、クリエイティブ、振付、舞台芸術史、舞踊学、比較文化論、ボディコンディショニング、解剖学、音楽他

舞台経験

アイデア&アクション(学内にて自作の発表)

卒業生の進路

全世界のコンテンポラリーダンス・カンパニーの多くに卒業生が在籍する

卒業後の資格

BA (Hons.)  in Contemporary Dance

授業料

年間£19,300 (2018/2019)

その他費用

保険(学校保険の適用がないため、留学生保険加入が重要)・滞在費・生活費など

学生寮・滞在先

大学生用宿泊施設(ロンドン大学などの学生寮)・ホームステイ・ルームシェア

留学情報

長期留学情報(更新準備中)

受験方法

学校HPからオンラインにて出願

オーディション時期

オンラインで出願 プライベートまたはオンラインでのインタビュー、アドミッションワークショップなどがある。情報は随時学校HPで掲載

  • アドミッションワークショップ(現地)   2022年2月7〜11日、3月21〜25日
  • オンラインアドミッションワークショップ(留学生用)
    2022年2月2日 アメリカ
    2022年2月16日 ヨーロッパ
    2022年2月23日 アジア
    ※詳細のプロセスは学校にメールまたは電話で連絡

締切

2022年2月25日(金)12時(英国時間)

応募資格

  • ダンス経験者
  • ダンスでGCSE,またはAレベル、またはBTEC、または留学生は同等のレベル
  • 2科目でGSEアドバンスドレベル(32 new UCAS tariff points/80 old UCAS tariff points)、加えて他の科目で3 GCSEs (Grade A-C) 。
  • 1科目でGSEアドバンスドレベル (16 new UCAS tariff points/40 old UCAS tariff points) とアート&デザイン分野で準学士加えて他の1科目で3 GCSEs (Grade A-C)
  • 経験と作品ポートフォリオ
  • 英語レベル:IELTS レベル 6.0 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングで最低5.5)必須

※留学生は学生ビザが必要