ザ・ウェルズ/ 英国(イギリス)バレエ留学のための講習会・オーディション、バレエ学校出願情報

ロイヤル・バレエ・スクール/ The Royal Ballet School

学校の歴史と概要

1926年英国バレエの母、ニネット・ド・ヴァロワ(通称、マダム)により創設されたバレエ学校の意志を脈々と継いでいるのが、ロイヤル・バレエ団そしてバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の付属校、ロイヤル・バレエ・スクールである。

そして前芸術監督ゲイリーン・ストック女史、そして前ロウアースクール主任ダイアン・ヴァン・スクーア女史の双肩のもと、約15年間で卒業後の就職率を48%から100%に飛躍的に引き上げ、世界中のバレエ学生の憧れの学校となった。ロウアースクールの5年間+アッパースクールの3年間をかけて、総合的にダンサーを教育するための英国最高の設備と指導者を誇る。

早くから低年齢でのピラティスを取り入れ、成長期のダンサーの身体のケアにも力を注いでいる。ローザンヌ国際コンクールのパートナー校であり、前ゲイリーン芸術監督は2011年大会の審査委員長も務めた。両スクールではロイヤル・バレエ団のレパートリーであるアシュトン、またアッパースクールではマクミランなど英国バレエの基礎となる作品のテクニックそして表現方法を学ぶ事が出来る他、コンテンポラリーや振付の教育にも力を入れている。

アッパースクールに隣接するオペラハウスや、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団でのカンパニー公演への出演機会も多く、世界トッププロのダンサーと舞台を共有し、ソロでは現役ダンサーから直接指導が受けられる事は、本校の大きな魅力となっている。

2017年9月からは、ローハンプトン大学(University of Roehampton)との提携が始まり、1~2年生を修了すると基礎学位ディプロマ、そして3年間の教育を修了すると、大学士号(BA Classical Ballet and Dance Performance Degree)が取得できるようになり、更に魅力を増している。

ローザンヌ国際バレエコンクール、パートナー校
https://www.royalballetschool.org.uk/

基本情報

所在地(国・都市)

イギリス・ロンドン (リッチモンド(ロウアースクール)・コヴェントガーデン(アッパースクール))

入学年齢

ロウアースクール 11〜16才(ホワイトロッジ)
アッパースクール 16~18才(コヴェントガーデン)

生徒数

ホワイトロッジ 約130名 (5学年) コヴェントガーデン 約80名(3学年)

コース期間(標準)

ホワイトロッジ5年間
コヴェントガーデン 3年間

授業内容・科目

クラシック・バレエ、コンテンポラリー・ダンス、ジャズ、スパニッシュ・ダンス、キャラクター、ボディ・コンディショニング、舞踊学、解剖学、振付、音楽他(ロウアースクールは民族舞踊や英国中学卒業試験GCSE、アッパースクールは英国高校資格のAレベル対象科目も履修できる)

舞台経験

ロイヤル・バレエ団/バーミンガム・ロイヤル・バレエ団作品への出演 学校公演への出演

卒業生の進路

ロイヤル・バレエ/バーミンガム・ロイヤル・バレエ/ノーザン・バレエ・シアター/スコットランド・バレエ他
(2021年:ロイヤル・バレエ団(Aud Jebsen Young Dancers Programme)4名、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団1名、アメリカン・バレー・シアター・スタジオ2名、オーストラリアン・バレエ団、2名ドルトムント・バレエ団1名、バイエルン・ジュニアバレエ・ミュンヘン2名、ボストン・バレエⅡ1名、フィンランド国立バレエ2団1名、香港バレエ団1名、ハンガリー国立バレエ団1名、ICK・ダン・アムステルダム1名、ジョフリー・スタジオ・カンパニー2名、ザ・ナショナル・モラビアーシレジアンシアター1名、ノルウェー国立バレエ2団3名、オーランド・バレエ・セカンド・カンパニー1名、サラソタ・バレエ団1名)

卒業時の資格

ロウアースクール(ホワイトロッジ):GCSE アッパースクール(コヴェントガーデン):BA Classical Ballet and Dance Performance Degree(University of Roehampton)

授業料

ホワイトロッジ £34,575(ホワイトロッジ £34,575(寮費込・2020/2021)
コヴェントガーデン £30,210 (寮費込・2020/2021)

その他費用

EFL(英語)・学校保険・保証金・教材費・ユニフォーム・シューズ代・課外授業/音楽授業費など

学生寮・滞在先

ロウア―スクール 寮完備 アッパースクール 学年により有り

※写真はロイヤル・バレエ・スクールホームページより

留学情報

※現在頻繁に修正がありますので、最新の情報はロイヤル・バレエ・スクールのウェブサイトをご覧ください。

本校長期留学情報(更新準備中)

受験方法

オンライン出願/ローザンヌ国際コンクール参加/IB Stage Grand Prix参加/サマースクール参加/プライベート・オーディション

オーディション時期

写真審査:ポーズ写真、願書を提出、留学生はビデオも提出

実技審査:2021年11月〜2022年2月の間でオーディション開催。
セミファイナルはロウワークラス(10-11)は2月、アッパースクールはビデオ提出。
ファイナルは3月に実施

※ファイナルに選ばれた留学生は現地で最終オーディション予定

2021年12月10-12日に日本で実施予定の冬期バレエコースでオーディションクラスを開催
(場所:東京目黒の東京バレエスクールと東京バレエ団)
審査はロンドンにライブ配信された映像で行われます

締切

2022年10月20日 11:00am (GMT)(ビデオ出願、通過者は現地最終オーディションへ参加)

応募資格

2022年8月31日に満11歳または満18歳の男女 ・ダンス経験者

審査料

£65

▼ロイヤル受験を検討中の方へ。対策講習会 + オンラインで模擬審査を実施します。
元ロイヤル・バレエ・スクール校長から個別アドバイスシートが届きます。

短期留学情報(更新準備中)

受験方法

オーディション時期

締切

ウインターインテンシヴ

東京(東京バレエ団)にて11歳から18歳迄を対象とした3日間の冬季バレエコース。
同時に11歳 から20歳までを対象としたマスタークラスも開催予定。
開催中には、英国ロイヤルバレエスクールのオーディションもあり。

日程

2021年12月10日(金)〜12月12日(日)

2020年度に冬季バレエコースに応募した方には結果は2021年に持ち越し。
昨年応募されなかった方は9月末に応募開始予定。
マスタークラス、予選オーディションは10月に応募開始予定。日程については学校HPで発表。

The Wellsアドバイザーによるオンライン留学説明会や卒業生からのアドバイスも収録。英国バレエ学校への留学を検討の際はぜひお役立てください。

ロイヤル・バレエ・スクールに関する最新投稿