セントラル・スクール・オブ・バレエ【学校・留学情報】

1982年に元ロイヤルバレエ団プリンシパルの故クリストファー・ゲーブルと、アン・スタナードにより設立されたバレエ学校である。その志は高く、バレエの技術的向上と共に高い芸術性を持つダンサーを育て上げる事を目標としている。1998年ゲーブル氏の遺志は前校長サラ・マシューズ女史、そしてゲーブル氏の愛弟子である現校長ハイディ・ホール女史に引き継がれ、3学年約100名の生徒が日々切磋琢磨している。

卒業後はケント大学の学士号(プロフェッショナルダンス&パフォーマンス)を取得出来る学士コース(BA Hons.)、並びに振付を学ぶ修士コース(MA)を提供している。

第3学年はツアーカンパニーである「バレエ・セントラル」に所属する。卒業年の3月よりロンドンを含め、イギリス各地にて公演活動を行うが、これはプロのダンサーとなる準備の最終段階として大変重要視されており、各カンパニーもセントラル卒業生の入団当初からのプロ意識の高さを非常に高く評価している。2016年9月からは、これまでマシュー・ボーンのニューアドベンチャーズにて数多くの主役を踊り、振付家としても活躍しているクリストファー・マーニー氏を新芸術監督に迎え、ますます充実した授業内容、そして舞台経験が期待される。

2018年のバレエ・セントラルではイギリスを代表する振付家ケネス・マクミランの埋もれた名作「Valley of Shadows」を、34年振りに再演し、同校が英国バレエの伝統を継承する一翼を担っていることを内外に再認識させた。

ローザンヌ国際バレエコンクール、パートナー校

学校ホームページ: http://www.centralschoolofballet.co.uk/index.php
バレエ・セントラルームページ: http://www.balletcentral.co.uk/


2019年秋、セントラル・スクール・オブ・バレエは、テムズ川の南岸、サウスバンクと呼ばれる芸術推進地区にあるパリス・ガーデンにて建設中の新校舎に移転を予定している。

「セントラルは3,000平方メートル以上のパリス・ガーデンの建物を占有します。これは現在の校舎のほぼ3倍の広さとなります。校舎の上階には学生のための寮も整備されており、海外からの留学生にもより安全な住環境を提供できるようになります。」(学校ホームページより)

現在の3倍に広がるという新校舎の広さは注目ポイントである。広いスタジオは、創作や自主練も含め、更にインテンシヴなトレーニングを可能にするだろう。またボディコンディショニングに必要なピラティスやフィジオルーム、さらにライブラリーや学習スペースの拡充も期待される。新しい施設に関する情報は、入手次第ブログ等で更新予定。

日本講習会情報

2018年11月9日(大阪) 10・11日(東京)
セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2018
ハイディ・ホール校長とクリストファー・マーニー芸術監督の来日が決定しました!

講習会/オーディション募集要項・お申込み

ハイディ・ホール校長からのメッセージ

所在地(国・都市)
イギリス・ロンドン(ファーリンドン)
入学年齢
16才以上(ケント大学)
生徒数
3学年100名・1年生約40名
コース期間(標準)
3年間
授業内容・科目
クラシック・バレエ、コンテンポラリー・ダンス、ジャズ、スパニッシュ・ダンス、キャラクター、ミュージカル・シアター、ボディ・コンディショニング、舞踊学、解剖学、振付、音楽他
舞台経験
バレエ・セントラル(全3年生)
学校公演(全学年)
マシュー・ボーンのニュー・アドベンチャーズ:ヤング・ダンサー・プログラム(2年生選抜)
マシュー・ボーンのニュー・アドベンチャーズ:アソシエイト(3年生選抜)
卒業生の進路
バーミンガム・ロイヤル・バレエ/スコットランド・バレエ/ノーザン・バレエ・シアター/ランベール/ジョフリー・バレエ/「オペラ座の怪人」他ミュージカル各種、など
(2018年:ノーザン・バレエ、スコティッシュ・バレエ、マシュー・ボーンのニュー・アドベンチャーズ、ミルウォーキー・バレエ2、「オペラ座の怪人」、ニュー・イングリッシュ・バレエ・シアター、ジョフリー・バレエ・スタジオカンパニー、キブツ・ダンス・カンパニー(イスラエル)、マンハイム・バレエ、モンゴメリー・バレエほか)
卒業後の資格
大学士 BA(Hons) ケント大学
授業料
年間£19,300(2019/2020)
その他費用
EFL(英語授業)・学校保険・保証金・ユニフォーム・ シューズ代など
学生寮・滞在先
寮なし・留学生用宿泊施設・ホームステイ・ルームシェアなど利用

※以下は2018年入学に関する情報です。

国内講習会/長期・短期オーディション募集要項・お申込み
長期留学情報(2018年)

受験方法
日本オーディション参加/郵送にて出願/国際コンクール入賞/サマースクール参加/プライベート・オーディション
本校オーディション時期
日本オーディション開催 2018年11月9日(金)〜11日(日)
大阪・東京
本校オーディション出願方法(現地)
願書〆切:2018年12月予定
本校応募資格
2018年9月で16歳以上
CEFR: B1 (IELTS for UKVI: 4.0以上)
第3学年進級時にCEFR: B2(IELTS for UKVI: 5.5以上)

短期留学情報(2018年)

サマースクール
ウィーク1:2019年7月29日(月)〜8月3日(土)
ウィーク2:2019年8月5日(月)〜8月10日(土)
2週間コース:2019年7月29日(月)~8月10日(土)
サマーエントリー方法
12-16歳対象・写真審査あり
日本での11月講習会形式オーディションにて審査の場合、13~18歳
その他は12月1日より受付開始
サマースクール費用
コース受講料:£375/1週間
£585/2週間 (2018年の費用)
英語レッスン:£125(1時間15分レッスンx10回)
スプリングスクール*2019年は未発表
2018年4月3日(火)〜7日(土) 5日間 受講料£355
スプリングエントリー方法
学校HPより願書をダウンロードして申し込む
留学生に聞くセントラルと留学生活
セントラルを選んだ理由
・何度かWellsの講習会を受けているうちに今の学校を知り、興味を持ち始めました。調べているうちに魅力に惹かれ、この学校に行きたいという気持ちが芽生えました。・いくつか理由がありますが、3年生でバレエセントラルとしてツアーなどで公演の経験を積めること。また、ケント大学の卒業資格を取得できることも1つの理由。

・バレエだけではなく、コンテンポラリーやスパニッシュやジャズなど、他のジャンルのダンスも学べるから。又、イギリスでバレエを学びたかったので、今の学校を選びました。

・先生方がロイヤルバレエ出身の方も多く、大好きなイギリスバレエをしっかり学べると思ったから。3年生で結成されるバレエセントラルも魅力。

卒業生インタビュー~セントラルを選んだ理由

インタビュー記事リンク
バレエの道は諦めて、でもラストチャンスと思って臨んだ入学オーディション!(卒業生の声Vol.1)
セントラル・スクール・オブ・バレエの理念に惹かれて。(卒業生の声Vol.2)
多様性のあるダンサーって?~セントラル・スクール・オブ・バレエ留学生の声 Vol.1
将来の選択肢が広がる~セントラル・スクール・オブ・バレエ留学生の声 Vol.2
大学の学位と就職活動~セントラル・スクール・オブ・バレエ留学生の声!Vol.3
セントラル・スクール・オブ・バレエってこんな学校です~在校生が紹介します
「私のバレエ学校を紹介します!」在校生インタビューVol.1
「私のロンドン生活!」在校生インタビューVol.2
「2年生はクリエイティブに!」在校生インタビューVol.3
セントラル・スクール・オブ・バレエに関する最新投稿

すべて見る
メールアドレス登録
The Wellsの講習会・オーディションや英国バレエ留学に関する最新情報をメールでお知らせします。
※HTML形式で送信されます。受信可能なアドレスでご登録をお願いいたします。
メールアドレス登録
The Wellsの講習会・オーディションや英国バレエ留学に関する最新情報をメールでお知らせします。
※HTML形式で送信されます。受信可能なアドレスでご登録をお願いいたします。
オーディション・インサイト2019
セントラル・スクール・オブ・バレエ日本講習会