英国ロイヤル・バレエ・スクール:2018年学校公演

イギリスのバレエ学校では、
9月に新年度が始まり
翌7月に修了します。

そしていつも楽しみなのが、
それぞれの学校が趣向を凝らして
1年間のトレーニングの成果を
一般のお客さんに見せてくれる
学校公演です。

ホランド・パークのショーではアッパー/ロウアースクール別なので、より多くの作品が観られます。

ロイヤル・バレエ・スクールでは
ホランド・パークという公園の中にある野外劇場で
ロウアースクールと
アッパースクールが別々に公演する3日間と

コヴェントガーデンのオペラハウスで
両校が同時に行う
1年を締めくくる
大イベントがあります。
(これが終わると夏休み!)

ロイヤル・オペラハウスの正面外観

このオペラハウスでの公演は
1枚52ポンドもする1階席も
一般予約開始日に売り切れてしまうほど
大人気の公演です。

キャスト表です。拡大して見てくださいね!

今年も変わらず
そのプログラムの多様性と
クオリティの高さに
目を奪われました。

1幕は伝統の古典「眠れる森の美女」から
オーロラ姫の結婚式の場面。
アンソニー・ダウエル氏が監修です。
プロも顔負けのテクニックと
舞台表現の質の高さは
衣装やセットにも劣らない
素晴らしい作品でした。

ブルーバード:中尾太亮さん(プログラム写真より)

中尾太亮さんがブルーバード
栗原ゆうさんはソングバードの精
杉浦優妃さんはウッドランドグレード

コンテンポラリーではディディ・ヴェルディマンはもちろん
昨年のファン・マーネンに続き、
今年はナチョ・ドゥワト

ナチョ・ドゥアト「バッハへのオマージュ」から抜粋

マーネンもドゥアトも、
なかなかイギリスでは観る機会のない作品なので、
いいところを持ってくるなあ。

新作は、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリッテンの
「ピーター・グライムス」というオペラから。
アンドリュー・マクニコルが振付

彼はロイヤル・バレエ・スクールを卒業後
セントラル・スクール・オブ・バレエの
振付修士コースを経て
既に国際的に活躍している若い振付家です。

アッパースクールの1年生が
情緒豊かに踊りました。

今年の卒業生の進路は
学校ガイドに追記しました。

日本人では、
中尾太亮さんがロイヤル・バレエ準団員
(Aud Jebsen Young Dancers Programme)に進んでいます。

栗原さん、杉浦さんは
ふたりでバーミンガム・ロイヤル・バレエ団へ就職

これらの活躍が楽しみですね!!

ロバート・ビネット振付「Self & Soul」