英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団附属 エルムハースト・バレエ・スクール サマースクール

いよいよエルムハースト・バレエ・スクールの日本講習会/オーディションが迫ってきました。
期間中、優秀と認められた参加者には、スカラシップ付きのサマースクール入学許可が授与されます。
(オーディションへ出願しなくても、スカラシップ審査を希望することができます)

今回は英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の附属校として、多くの才能を輩出してきた同校ならではの、サマースクールの様子をご案内しましょう。

エルムハースト・バレエ・スクール
英国随一の施設を誇ります。

エルムハースト・バレエ・スクールはロンドンから特急電車で約1時間半、バーミンガムというイギリス第3の都市に、広大な敷地を有しています。

ブリティッシュ・バレエの伝統を伝える教育内容はもちろん、その施設はイギリス随一と言っても過言のないほど、徹底して在校生の心と身体の健康的な育成のために整えられています。

その素晴らしさは卒業生へのインタビューで語られている通りですが、8月の1週間に開催されるサマースクールでは、その施設を存分に体験することができます。

サマースクール初日
期待にワクワク!

サマースクール期間中のバレエクラスは、学校の教師が担当しますが、その他は現役のバーミンガム・ロイヤル・バレエ団ダンサーや世界中で活躍するゲスト講師が指導。
イギリスバレエのレパートリーや、優れたダンサーを相手にパートナリングの練習をすることもできます。

宿泊は全て学校内の寮を利用し、夜にもDVDでの作品鑑賞やマイムの授業、そして外国ならではのパーティーなど、楽しいアクティビティが用意されて、あっという間の1週間です。

サマースクールの最後は全員がシアターで成果発表会に参加します。

以下、エルムハースト・バレエ・スクール サマースクールに関するよくある質問にお答えしますので、参考にしてください。

Q:英語が心配です!
A:寮母さんや学校の先生方は、日本人の生徒にも慣れていますから、丁寧にサポートしてくれます。全く英語の分からなかった参加者も、最後は涙、涙のお別れ会!になるのは、いつもの光景です。

Q:子どもだけで、ひとりで渡航できますか?
A:18才未満の一人旅は、イギリスの移民法で入国に様々な条件があります。ザ・ウェルズでは、生徒ひとりの渡航でも安心してサマースクールに参加していただけるよう、ツアーや現地サポートなどの準備をしています。ぜひご利用ください。おひとりで行くときには、必ず旅行会社に入国の条件を確認してくださいね。

ロバート・パーカー学校芸術監督と。「お世話になりました!」

Q:宿泊や食事は大丈夫?
A:宿泊は寮母が滞在する寮で、ツインのお部屋になります。登録時に同室の希望も受け付けてくれます。食事は学校内の食堂、その名も「ビストロ」で、毎食美味しくてヘルシーなダンサー用のお食事が準備されています。(アレルギー食にも対応)

Q:サマースクールの参加には審査(オーディション)がありますか?
A:エルムハースト・バレエ・スクールのサマースクールはポーズ写真審査を通して参加することができます。出願はザ・ウェルズの出願サポートをご利用いただくこともできます!今回の講習会中にも、出願サポートのお申込みを受付ます。出願サポートについて、詳しい内容はこちらをご覧ください。

今年の夏、ぜひ海外への一歩を出してみてくださいね!

*オマケ*
ザ・ウェルズと一緒にエルムハースト・バレエ・スクールのサマーへ参加される生徒さん。
毎年ひとりは、その9月からの本校入学の許可をいただいています。
セカンドチャンスとしてサマーに参加する生徒さんも大歓迎です。

オーディション・インサイト2019
セントラル・スクール・オブ・バレエ 日本講習会