エルムハースト・バレエ・スクールの想い出(2012年卒業生:渡邊英さん)

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団附属、エルムハースト・バレエ・スクールの入学オーディション/講習会がまもなく新宿村で開催されます。

審査、指導は元バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパルのロバート・パーカー校長先生。最終審査に渡英が不要のダイレクトエントリーです。
(詳細はこちらから)

エルムハースト・バレエ・スクールの卒業生であり、現在ポーランド国立バレエ団で活躍中の、渡邊英(わたなべたけし)さんから、とっておきのインタビューと、貴重なお写真の数々が届きました!

ポーランド国立バレエ団の本拠地。ポーランド国立歌劇場外観

前回は入学までのお話でしたが、今回はエルムハースト・バレエ・スクール在学中の想い出、そしてイギリスへのバレエ留学について、お話を伺いました。

************

Q:エルムハーストで一番思い出に残っていることを教えてください。
A:エルムハーストがバーミンガム・ロイヤル・バレエ団(BRB)の付属校であったことから、3年生の時にBRBの『ダフニスとクロエ』と『二羽の鳩』のバーミンガム・ロンドンツアー公演に出演した事です。

最初は、3年生になった時のBRBシーズン初めのビントリー版『美女と野獣』への出演が決まっていました。
リハーサルも参加し、衣装合わせも済ませていたので すが、その年の夏明けからイギリスの学生ビザの制度が突然変わり、学生ビザでイギリス滞在していた僕は、カンパニーと働く事が出来ないと、公演数日前に学校長から伝えられました。
その時はただただショックで、色々悩みましたが、年明けに、またビザの制度が変わり、春のツアーに参加する事が出来、これは、本当にいい経験になりました。

エルムハースト・バレエ・スクール
リハーサル風景

Q:留学して驚いたことはありましたか?
A:正直、驚いた事はありません。
大変だったこと、辛かったことは勿論ありましたが、全てが新鮮で、楽しい事ばかりの日々でした。

Q:留学して良かったと思うことをいくつか教えてください(日本では体得しえなかったことなど)
A:イギリス留学をして良かった事は、身体の正しい使い方が学べた事だと思います。
日本ではなかなか教えてもらう事のなかった、ボディ・コンディショニングは、プロとし て踊ってる今、一番役に立っています。
イギリス・メソッドは基礎をとても大切にしているので、それがしっかりと身体に入っていればバレエ団に入ってからも、成長しやすいと思います。

ポーランド国立バレエ団にて
クルト・ヨース振付『緑のテーブル』Photo: Ewa Krasucka

もう一点は、英語を話すことが出来るようになった事です。
留学当初は’YES’ と ‘NO’ しか言えなかった僕ですが、エルムハーストに入学してからは、同級生に日本人が2人いたものの、「日本語は絶対に話さない!」と自分の中で決めて、必死に英語を勉強しました。

クラスメイトや先生方の助けもあり、3年生になってカンパニーオーディションを受ける頃には、ある程度自信を持って、英語でコミュニケーションをとれるようになっていました。

8)エルムハーストを日本の学生さんへお勧めし たいと思われる点を教えてください。
エルムハーストの良い所は沢山ありますが、まず1つ目は環境。
学校内は広々していて、校内に小さな劇場、綺麗なスタジオが7つもあり、ジムやフィジオもしっかりしていて、僕にとってはバレエに集中出来る最適な環境でした。 あと、食堂があるのも、食べ盛りだった僕には嬉しいポイントでした!

2つ目は、教師陣。殆どの先生は、ロイヤル・バレエやバーミンガム・ロイヤル・バレエで踊った経験があり、これぞロイヤル・スタイルというものが学べます。

3つ目は、BRBの付属校であるという事。
付属のバレエ団があるという事で、プロのダンサーを間近で見る機会が多く、アセスメントやサマーショーには、BRBの芸術監督であるディビッド・ビントレーが見に来る事もありました。
在学中にバレエ団の公演に出演する機会があるのも、普段のトレーニングの励みになると思います。

エルムハースト2年生の時のサマーショーディビッド・ビントレー振付『スコティッシュ・ダンス』

最後は、クラスメイトとの共同生活です。
僕の在学中は2年生からは学校寮を出て、3−4人でハウスシェアをしていました。(今は2年生の為の学校寮も出来たと思います。)

友達とハウスシェアをする事で、イギリス 人のライフスタイルを肌で感じる事ができ、色々勉強にもなりましたし、とても良いフレンドシップも生まれました。
学校時代のクラスメイトとは、卒業後6年経った今でも、まだ連絡を取り合っています。

9)最後にバレエ留学をしている方、そして目指している皆さんへメッセージをお願いします。
イギリス留学中、思い通りに行かない事や、辛い事も沢山ありましたが、最終的には自分の努力次第という所も大きいです。

でも、僕はエルムハーストの先生方や友達、家族の支えに助けられ、とても楽しい留学生活を送ることが出来ました。

今後、エルムハーストに留学をされる皆さんにとって、エルムハーストでの時間が、将来のキャリアを見つける良いきっかけになれば良いと思います。

ポーランド国立バレエ団にて
ジョン・クランコ振付『じゃじゃ馬馴らし』の初演後

************

お忙しい中、ウェルズのインタビューに快くご回答いただき、ありがとうございました!
昨年、日本で初めてお会いした渡邊さん。笑顔のとてもステキなダンサーさんでした。
益々のご活躍を応援しています!

1月27日~28日の新宿村スタジオでは、入学オーディションと講習会を同時開催します。期間中、優秀な生徒さんには年齢やオーディションの有無に関わらずサマースクールのスカラシップが用意されています。渡邊さんを初め多くの卒業生が世界中で活躍しています。皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね!

エルムハースト・バレエ・スクール 入学オーディション兼講習会の詳細、お申込みはこちらから。

セントラル・スクール・オブ・バレエ 講習会
オーディション・インサイト2019