コンクールのコンテンポラリー・ダンス、どうやって審査してるの?

イギリスのサマースクールも、もうすぐ一区切り。
9月の新年度に向けて、それぞれの学校が準備を始めています。

今年サマースクールに参加した方は特に、今のバレエ界には、コンテンポラリー・ダンスがなくてはならないものになっていることに気付いた方が多いでしょう。

セントラル・スクール・オブ・バレエ学校公演から。

日本の夏には、今年も世界中からバレエ団やダンサーたちがやって来て、素晴らしい舞台を披露してくれていますが、その中にも多くのコンテンポラリー・ダンス作品がありましたね。

国内では谷桃子バレエ団がコンテのトリプルビルを発表していました。
また、もう直ぐ吉田都さんも出演する、堀内元さんの舞台もあります。

リー・スマイクル振付「ヘンゼルとグレーテル」より

日本でもようやくコンテンポラリー・ダンスの注目度が増してきて、ローザンヌやYAGPなど大きな国際コンクールだけでなく、国内のコンクールでも「コンテンポラリー・ダンス部門」や「課題」が実施され始めています。

でも皆さんがコンテンポラリー・ダンスを踊ることで、審査員の先生方が何を審査していると思いますか?
バレエのように決まった「技」がないコンテでは、いわゆる「失敗」はありませんよね。。。
だからと言って、「与えられた振付を踊るだけだから簡単!」なんて思っていたら大間違いです。
コンテンポラリー・ダンスでは、衣装でも技でも目くらましのできない、本当の「踊る力」が審査されます。

マッツ・エックの”Pas de Danse”(プログラムより)

たくさんのコンテンポラリー・ダンス作品を見ていると、
身体から何かを発しているダンサーに出会う事があります。

いつまでも見ていたい、と心を揺さぶられるダンサーや作品に出会う事があります。
それは、プロだけに限らず、1年目の留学生の中にも見つけることがあるんです。

セントラル校2年生の作品から

恐らくそれが、そのダンサーの持つ「踊る力」です。
そして「踊る力」は、「バレエ」や「コンテンポラリー・ダンス」という枠組みを超えた、
素晴らしいダンスの世界を知っているダンサーだけが持ち得る力なのではないかと思います。

2016年講習会の様子

もしあなたが本当の「踊る力」の意味を理解することができたなら、
「バレエ」も「コンテ」も、一気に世界が広がることでしょう。

数多くの学生に踊ることの意味を教えてきた「リー・スマイクル」
コンテンポラリー・ダンスに浸る4日間で、あなたの「踊る力」を目覚めさせてください。

もう間もなく締め切りです。
コースの詳細・お申込みは、こちらから。

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。