ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランドへ行って来ました!

芸術漬けになれる毎日!
ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランド舞踊学部を見学してきました。

皆さん、こんにちは!

私たちThe Wellsは英国と日本のバレエやコンテンポラリー・ダンスの架け橋となるお仕事をしていますが、その中のひとつとして、講習会やオーディションを通して英国のダンス学校を日本へご紹介しています。

そして、学校をご紹介する前には、必ずその学校について詳しく調べ、実際に現地で見学させていただき、自分たちの目で見て、耳で聴いてから、ご紹介をしています。

11月のイギリス出張中には、ご縁があってロンドンから北に600キロ離れたスコットランドのグラスゴーにある、ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランド舞踊学部を初めて見学させていただきました。

今回ご案内いただいたコーディネーターの村上様と。
今回ご案内いただいたコーディネーターの村上様と。

こちらは元スコットランド・バレエ・スクールが王立芸術大学の舞踊学部として生まれ変わったバレエ学校で、名門スコティッシュ・バレエ団のパートナー校です。卒業時には大学卒業資格を取得することができるそうです。

日帰り日程だったので、早朝にロンドンを出発、約1時間の飛行でグラスゴー空港に到着です。

朝焼けの中、国内線格安航空で出発です!
朝焼けの中、国内線格安航空で出発です!

11月とは言え、北国スコットランドでは空港にも既にクリスマスツリーが飾られ、気温も10度に満たない日が始まっていました。

グラスゴー空港の大きなクリスマスツリー!
グラスゴー空港の大きなクリスマスツリー!

 

歴史的建造物や芸術祭で有名なエジンバラに比べ、グラスゴーは今、まさに登り調子にある若く活気に満ちた街という印象です。

校内は舞踊課だけでなく、演劇やミュージカルを勉強する学生たちもいて、数あるリハーサル室は熱気溢れるリハーサルが行われています。総合舞台芸術としてのバレエを学ぶには素晴らしい環境ですね。

自然光も嬉しい大きなスタジオ!
自然光も嬉しい大きなスタジオ!

バレエ・クラスとコンテンポラリー・ダンス・クラス(カニンガム・テクニック)、そしてソロのコーチングを見学しましたが、どのクラスもロンドンでは考えられないくらい、広いスタジオを少人数で広々と使ってレッスンしている様子は羨ましい限りでした。

3年生になるとスコティッシュ・バレエ団の芸術監督のレッスンが毎週受けられ、全員就職をモットーにプロダンサーになるトレーニングを続けているそうです。

そんなバレエ学校の講習会と入学オーディション、サマースクールのスカラーシップオーディションを日本で受けられるということで、ご紹介させていただきますね。

ウェルズのエルムハースト校講習会の翌日(12月21日)、同じ新宿村スタジオが会場です。

エルムと同時受講で、この冬は英国バレエ漬け!なんていかがでしょう。

【締切直前】海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。

※9/22 申込締切となっております。
※残席わずか(特にジュニアクラス)となっております。お早目にお申込みください。