海外バレエ団のオーディションをまとめて受ける!という選択肢:グランド・オーディション2017

第2回グランド・オーディション2017の申込みが始まっています。

オーディション記事が続きます。
そんな季節なんですよね!のんびりしている訳にはいきません。

 

昨年から始まったイベントですが、ヨーロッパで「Grand Audition」というものがあります。

一か所に複数のバレエ団の芸術監督が集い、一斉にオーディションを行おう、というダンサーにとっては嬉しいイベントです。

2016年はベルギーのブリュッセルでしたが、2017年はバルセロナで開催。
要項が発表されています。

【日程】2月7日、8日

【会場】スペイン・バルセロナ

【対象】プロダンサー、または来年学校を卒業する17才~25才の男女(イベント開催時の年齢)

【申込方法】オンラインから所定のフォームを記入。ビデオ、写真はリンクを提出。一次合格者のみがバルセロナの本選へ参加できる。

【〆切】2017年1月6日(定員を上回る予選通過者があった場合には、期日前に締め切る場合もある。)

【2017年の審査芸術監督】
Ballet de l’Opéra National de Bordeaux
Ekaterinburg State Academic Ballet Theatre
Finnish National Ballet
The National Ballet of Canada
Norwegian National Ballet
Norwegian National Ballet II
Ballet Nacional de Panama
Mikhailovsky Ballet Theatre
Atlanta Ballet
The Czech National Ballet

何度も書いている通り、入学も入団も、オーディションには充分な時間が大切です。

リサーチ、ビデオ撮影、申込み。
最も時間がかかるのが、リサーチでしょう。

どんな学校、どんなカンパニーなのか。
自分の強みはどこなのか。

そのカンパニーにはどんな自分を見せたらいいのか
いつものお団子頭とレオタード?
フェミニンな自分?それともテクニシャンの自分?

主観的な意見、客観的な意見、ポジティブ、ネガティブな意見も様々だと思います。

お金をかけて海外へオーディションに行くのですから、後悔のないように、人任せ、ウワサ任せにせずに、自分でしっかりとリサーチして、準備してくださいね!

【オーディション・インサイト2017】

英国ロイヤル・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のダンサーへもコーチングを行うダイアン・ヴァン・スコーア氏から、オーディションでの秘訣を直接伝授。3日間という短い期間ですが、来年のオーディションに向けて、更にスキルアップ
準備に関する話題もてんこ盛りです。

詳細・お申込みはこちらから。

2017年2月は日本国内でロイヤルバレエのクオリティを体験するチャンス!
オーランドバレエのサマースクール参加オーディションもあります。

元ロイヤルバレエスクール教師でセントラル・バレエ・スクール前副校長
ウイリアム・グラスマンによるバレエ・マスターコース

2/11、12 東京開催。
米国オーランド・バレエ・スクールのサマースクール・オーディションを講習会の中で実施します。
http://event.thewells.co.jp/glassman2017.html

元ロイヤル・バレエ・スクール校長(ロウアークラス)
ダイアン・ヴァン・スクーアによるバレエ・特別集中マスタークラス

2/25、26東京開催。
コンクールや留学オーディションの最終審査を控えた生徒さんに、ロイヤル・バレエ・スクールで教える世界水準のレベルを伝授。
http://event.thewells.co.jp/diane201702.html

エルムハースト・バレエ・スクール日本オーディション2018