中学生から準備開始!~海外バレエ学校への留学~

中学生になると、お教室でひとつ上のクラスに進級したり、
コンクールに出場する生徒さんも増えてきますね。

そしてお教室では海外バレエ学校のサマースクールに参加したり、
長期留学する生徒さんもいるかもしれません。

バレエ雑誌やSNSでは、海外バレエ学校の生徒さんたちの生活が
とてもキラキラして皆さんの目に映ることでしょう。

バレエ学校選びは情報が大事

これまでもブログで書いてきたことですが、
長期留学先の海外バレエ学校を選ぶことは、
日本で高校や大学への進学を選ぶことと同じです。

普通校の進学でも、
恐らく中学入学後に進学先の高校を意識し始め、
中学2年生では、目標をいくつかに絞り始め、
オープンスクールなどに積極的に行く人もふえてくるでしょう。

海外バレエ学校でもオープンスクールはありますが、
実際に行くことはなかなかできませんね。
それでも、学校についてウェブサイトで調べたり、
資料を取り寄せたりすることは、
当然するべきことです。

インターネットで調べて、
何十年も前の情報に固執したり、
ひとりの卒業生やその保護者が個人的に書いたものを鵜呑みにして
自分にも当てはまると考えることは、
今この時代ではとても危険なことです。

個人の感想はとても主観的で、
同じ学校を出ても
その人によって、また在籍時期によって全く異なります。

情報は「新しいもの」そして「学校が公式に出しているもの」を
「自分で調べ、選ぶ」ことが大切です。

そして家族でよく話し合い、
自分がそこで何を学び、何を目標とするのかを、
文字にしたり、家族に説明したりすることも、
留学の目的意識を高めるための、
大事なプロセスのひとつです。

学校選びは「百聞は一見に如かず」

それでは、学校のウェブサイトを見ても、
英語が難しくてよく分からないときはどうしましょう?

3年間またはそれ以上の留学を目標とする場合には、
実際にサマースクールなどの短期留学に行ってみることが
一番の判断材料になります。

学校やカリキュラムだけでなく、
実際に生活する国や都市の食べ物や習慣、言語など、
自分がそこで生活していくことができるかどうか、
しっかり見極めることが大切です。

コンクールの副賞でもらったからと、
何も調べずに行くことは、
試験に合格したからと、
どんな学校かも分からないまま、
高校や大学に入学するようなものです。

バレエ学校への出願時期

自分にあった学校を見つけるために、
いつ準備を始めたらいいですか?
「今でしょ!」(笑)

このブログを読んでいる方の多くは、
既に留学を意識している方ですね?

多くの北半球のバレエ学校のサマースクールは、
7月~8月に行われます。
そして、その出願受付は、前年の9月以降に始まり、
実施の年の1月~3月には締め切られます。

つまり、2023年のサマースクールに行くためには、
今年、2022年の9月以降に願書を提出する必要があります。

中学2年生、3年生の夏にサマースクールに行くためには、
中学1年生の秋以降に、講習会やコンクールへの参加や、
学校への直接出願を行っていく必要があります。

チャンスを逃さないために

「もっと早く知っていれば、、、」
「今からでも出願できますか?」
毎年、多く耳にする言葉です。

今年も私たちザ・ウェルズではバレエ学校の教師によるオーディションや講習会を準備しています。
またそれらに先立ち準備のための「オーディション・インサイト」も実施します。
ウェブサイトやブログでは、それぞれのバレエ学校について、多くの情報を掲載しています。
Youtubeでは、学校の教師が直接、学校について語る動画も視聴可能です。

是非、しっかりと読み込んでみてください。







英国バレエ&留学情報

The Wellsの最新情報はメールまたは公式LINEでお届けしています。InstagramやFacebookでは現地バレエ学校情報や留学生たちの活躍などもお届けします。

The Wells Mail News

※ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。

The Wells 公式LINE

友だち追加

※ご希望の方は友だち追加をお願いします。


Instagram
Facebook