将来の選択肢が広がる~セントラル・スクール・オブ・バレエ留学生の声 Vol.2

2年生:3年間で最も忙しく、校内外とも充実したプログラムが満載の学年です。

イギリスの三大バレエ学校として、またローザンヌ国際バレエコンクールのパートナー校として、優れた教育プログラムを提供しているセントラル・スクール・オブ・バレエは、ロンドンの中心に位置しています。

多様性のあるダンサーを育てる」という、創設者で元ロイヤル・バレエ団プリンシパルのクリストファー・ゲーブルの先見の明は、まさに現代のバレエ団の要求する資質であり、更にはサラ・マシューズ校長の「自分で考えることの出来るダンサー」を育てることにより、多くのバレエ団芸術監督からセントラル・スクール・オブ・バレエ卒ダンサーのプロ意識の高さを支持されています。

 

在校生の声、第二弾は2014年9月入学の2年生です。

2013年11月の日本講習会/オーディションで合格、2014年9月にセントラル・スクール・オブ・バレエに入学した木原奏音さん。

確かなテクニックと怪我も乗り越える不屈の精神で第2学年を修了。
今年の9月からは第3学年へ進級します。

 

セントラル・スクール・オブ・バレエでは2年生から3年生への進級時に独自のツアーカンパニーであるバレエ・セントラルのオーディションも開催され、3年間で最大の関門です。

 

「私がセントラル校へ入学して良かったと思うことは、ここではバレエだけでなく、コンテンポラリ―やジャズ、スパニッシュなど、いろいろな踊りを学べるので、吸収できることが多いですし、将来の選択肢が広がることです。

私の場合、日本ではクラシック・バレエしか学んでいなかったので、最初は戸惑いましたが、慣れていくうちに、楽しくなり、もっとたくさん学びたいと思い、いま日々頑張っています。

また、19世紀など昔の古典バレエを習う授業があり、昔の有名な振付家のそれぞれの特徴などについて勉強するので、さらにバレエへの理解が深まります。

先生方はとても優しくて、生徒一人一人に平等で技術を教えてくれます。英語が不得意でも、一生懸命伝えようとすれば、先生も真剣に聞こうとしてくれますし、いつも生徒の事を気にしてくれていると思います。」

奏音さんは、2014年のサマースクールにも参加され、学校の様子やロンドンの街の様子を見てから入学されました。今年もオーディションにはまだ年齢が届きませんが、先に学校の様子を見ておきたいという若いバレエ学生さんもサマースクールに参加しています。

 

今年も11月に日本講習会が開催されます。オーディションを希望する方はもちろん、サマースクールでロンドンの街の様子、そして何より、学校の様子を知るためにもぜひ、講習会を通してサマースクールに参加してみてはいかがでしょうか?

 

2017年9月入学の日本オーディション/講習会は、現在お申込を受付中です。

詳細、お申込みはセントラル・スクール・オブ・バレエ講習会&本校留学/サマースクールオーディション2016ご案内ページ

CSB2016 TOP2

_20160809_185037

第3回英国コンテンポラリー・ダンス・サマー・インテンシヴ2017
日英ダンス協会と共催
詳しいイベント情報はこちら

海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。