1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ロンドン公演レポ】フェニックス・ダンス・シアター「春の祭典/Left Unseen」

【ロンドン公演レポ】フェニックス・ダンス・シアター「春の祭典/Left Unseen」

日本から12時間飛行の当日に舞台鑑賞の予定を入れるのは
時間的、体力的に、かなりリスクがあるのですが、
フェニックス・ダンス・シアターがロンドンで観られるチャンスということで、
これを逃す手はありません!

ということで、張り切っていたのですが、
ロンドン・ヒースロー空港では、
5月から、なんとEゲートが利用できるようになっており、
着陸からなんと1時間以内に空港を後にすることができました。

ピーコック劇場前の大きな地球儀は南極が上!

これなら当日の舞台鑑賞も余裕ですね(汗!)

シャロン・ワトソン率いるフェニックス・ダンス・シアターは
英国リーズを本拠地にする
コンテンポラリーダンス・カンパニーです。

リーズにはあのアクラム・カーンも卒業生に名を連ねる
ノーザン・スクール・オブ・コンテンポラリーダンスがあり、
今回のダブルビルのひとつ「Left Unseen」も
学校の委託を受けてフランス人振付家Amaury Lebrunが制作したものです。

音楽はいくつかの組み合わせですが、
そのひとつは、Alva Noto と坂本龍一のアルバム「Utp_;」からも抜粋されていて、
エレクトリックなシンセサイザーや雑踏などが使用されています。

現代の私たちが感覚を駆使して日々を手探りで生きる様は
時に沈黙であり、
時にカオスで表現されます。

インターバル(休憩)を挟んで
後半は2019年の新作「春の祭典」です。

振付家はハイチ出身のJeanguy Saintus。

印象的な衣装はフェニックス・ダンス・シアターでダンサーでもあった、
ブラジル出身Yann Seabra。

作品はニジンスキーの生贄から離れ
ハイチの民間宗教の言い伝えを表現するものでした。

3体の精霊と人が織りなす様々な形が描写は
Saintusの探求する
文化や言語の違いを超えたコミュニケーションを具現化するものでした。

それは日本人の自然信仰にも通じるようで
恐らく人間の原始の時代から流れる
舞踊(舞踏)と宗教の繋がりを強く感じさせる舞台でした。

「春の祭典」カーテンコール(真ん中の赤い服の女性がシャロン・ワトソン芸術監督)

衣装も独特で美しく、
ストラビンスキーの音楽が
いかに人の創造力を刺激するかが反映されているようでした。

それにしても、フェニックスのダンサーたちは
本当に身体能力が高い。

まるで重力という縛りとは無縁のように
自分の身体を操ります。

たった8人で舞台を制するフェニックスを観るたびに
これが世界のレベルだと
痛感せずにはおれません。

フェニックス・ダンス・シアターのHPはこちらから。

(2019年6月27日@ロンドン/ピーコックシアター)

関連記事

最新記事