ランベール・スクール・オブ・バレエ・アンド・コンテンポラリー【学校・留学情報】

バレエ・リュスで活躍したマリー・ランベールがロンドンでバレエを教え始めたのが1919年。それから分離統合を繰り返し、2003年現在の独立した学校体制となった。「スクールは決してソーセージ工場ではない」というランベールの有名な言葉に忠実に、「常にダンサー個人の創造性、至高性、直感力(時には奇抜さも)を育成し最高のレベルに到達するための訓練を施して来ている」(ホームページより抜粋)。

卒業生はダンサー、振付家、教師として世界各国で活躍している。卒業生の在籍する団体としては、セントラル・スクール・オブ・バレエ、ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールなどと共に、英国のConservatoire Dance and Dramaに所属し、第3学年修了時には、ケント大学よりBA(Hons) in Ballet and Contemporary Danceの学士号が取得できる。2015年からは新校長アマンダ・ブリットンの下、様々な新しい取り組みがされていることが窺えるが、そのひとつとして、2016年から始まったサマースクールがあり、毎年大変な好評を博している。参加希望の場合には、日本で行われる入学オーディションに参加、または早目のエントリーが必要だ。

バレエとコンテンポラリーダンスが半々で学べる学校として人気があり、ロイヤル・バレエ・スクールのロウアースクールからも、コンテンポラリーダンス学習にフォーカスするため入学してくる生徒がいる。校内には近年オープンしたスタジオシアター(スタジオ式の小劇場)を併設しており、生徒のコンテンポラリーダンス作品の発表の場となっており、学年末公演もここで行われる。

学校ホームページ:http://www.rambertschool.org.uk/

所在地(国・都市)
イギリス・ロンドン(トウィッケナム)
入学年齢
16才以上(ケント大学)
コース期間(標準)
3年間
授業料
年間£17,960
第1学年初年度学費 £17,600
その他費用
保険・生活費など
卒業後の資格
大学士BA(Hons) ケント大学
パフォーミングアーツ(ダンス)BTEC
学生寮・滞在先
留学生用宿泊施設・ホームステイ・ルームシェア(入学が決まると学校が斡旋してくれる)

※以下は2018年入学に関する情報です。

受験方法
日本オーディション参加/郵送にて出願/サマースクール参加/プライベート・オーディション
本校オーディション時期
日本オーディションあり
Videoオーディションも可。
本校オーディション応募方法
願書締め切りは例年11月
本校応募資格
CEFR: B1 (IELTS for UKVI: 4.0以上)