ランベール・スクール・オブ・バレエ・アンド・コンテンポラリー【学校・留学情報】

バレエ・リュスで活躍したマリー・ランベールがロンドンでバレエを教え始めたのが1919年。それから分離統合を繰り返し、2003年現在の独立した学校体制となった。「スクールは決してソーセージ工場ではない」というランベールの有名な言葉に忠実に、「常にダンサー個人の創造性、至高性、直感力(時には奇抜さも)を育成し最高のレベルに到達するための訓練を施して来ている」(ホームページより抜粋)。

卒業生はダンサー、振付家、教師として世界各国で活躍している。卒業生の在籍する団体としては、セントラル・スクール・オブ・バレエ、ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールなどと共に、英国のConservatoire Dance and Dramaに所属し、第3学年修了時には、ケント大学よりBA(Hons) in Ballet and Contemporary Danceの学士号が取得できる。2015年からは新校長アマンダ・ブリットンの元、様々な新しい取り組みがされていることが窺えるが、そのひとつとして、2016年から始まったサマースクールである。

所在地:ロンドン、トウィッケナム
学校ホームページ: http://www.rambertschool.org.uk/

※以下は2016年の情報です。
英国バレエ学校オーディション出願サポート  英国バレエ学校現地オーディションサポート

入学年齢:16才以上
寮:無し。学校がホームステイや学生用賃貸アパートなどを紹介してくれる。
第1学年初年度学費:£17,600
その他、学校保険、保証金、滞在費ほか諸費用。
取得資格:第1、2学年:基礎学位ディプロマ(ケント大学)
卒業時取得資格:大学士:BA(Hons) in Ballet and Contemporary Dance(ケント大学)
授業料:£17,600(2016/2017)
*その他費用は、学校保険、滞在費、ユニフォーム、シューズなど

オーディション:
例年11月以降願書のダウンロードが可能になり、2月頃からオーディションが始まる。オーディションではバレエクラス、ポワントクラス、コンテンポラリークラス、1分以内の自由振付作品(選抜者のみ)。海外からはDVD審査も可能。日本では毎年オーディションが開催されているが時期は固定されていない(12月~2月)

卒業生の主な進路:
オランダ国立バレエ
スコットランド・バレエ
ボストン・バレエ
ソウル・バレエ
マシュー・ボーンのニューアドベンチャーズ
ランベール・ダンス・カンパニー
マース・カニンガム・カンパニー
リチャード・アルストン
フェニックス・ダンス
バレエボーイズ
バレエブラック
アクラム・カーン・カンパニー
NDT2

スタッフコメント

ロンドン南西部の閑静な住宅街の中にある、小規模な学校だが、それだけにダンスに集中する中身の濃い学生生活が期待できる。寮はないが、海外からの留学生、特に18才以下の学生には、学校近くに住居(ホームステイやシェアハウスなど)を斡旋するなど、手厚いサポートを実施している。

バレエとコンテンポラリーダンスを同等に修得するため、学生の年齢層には幅があり、高校卒業後18才からでも第1学年に入学出来る。ゲストコーチも豊富で内外の著名教師やダンサーも訪れる。

【締切直前】海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。

※9/22 申込締切となっております。
※残席わずか(特にジュニアクラス)となっております。お早目にお申込みください。