バレエ・ダンス留学時の英語資格について

英国のバレエまたはダンス学校へ6か月以上の長期留学をする時に必要となるのが、学生ビザです(学生ビザのページを参照)。

英国では学生ビザを取得するために、UKBA(英国国境局)の認定する英語資格試験実施団体による英語試験で一定のレベルをクリアする必要があります。

2015年4月6日よりケンブリッジ英検が認定試験から除外されました。
日本でバレエ学校留学のための学生ビザ申請をするためには、ブリティッシュ・カウンシルが試験を実施している IELTS for UKVI Academic にてB1レベル以上を取得する必要があります。(英語検定協会の行うIELTS では資格認定をされませんのでご注意ください)
留学先の学校で必要とされる試験の種類、また必要なスコアを必ず事前に確認してください。(英検、TOEIC、TOEFLは今まで通り、認定されません)

詳しくはブリティッシュカウンシルのホームページをご覧ください。

http://www.britishcouncil.jp/exam/ielts-uk-visa-immigration

 

IELTS for UKVI Academic (アイエルツ)

B1レベル:
リスニング:4.0
リーディング:4.0
スピーキング:4.0
ライティング:4.0

英語に苦手意識のある方も多いと思いますが、多国籍のダンサーが集い、国際的に活躍する振付家たちが作品を作り出す、バレエ/ダンスカンパニーの中では、どの国へ行っても英語が標準語です。英国でバレエやダンスを勉強することは、同時に英語を身につけることにつながるため、卒業後のメリットが非常に高いということになります。

ザ・ウェルズではビザ取得のための英語学習についてもご相談を承っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。 →お問い合わせ

*上記のインフォメーションは2016年3月現在の情報です。弊社では出来る限り最新情報を掲載しておりますが、ビザの条件などに関しては、当局によって予告なく変更される場合があります。最新の英国ビザ情報については、必ずUKBAのホームページにて確認してください。弊社のウェブサイトに記載された情報により発生した問題については、弊社では一切責任を負いかねます。