イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクール【学校・留学情報】

1988年にイングリッシュ・ナショナル・バレエ団(ENB)の付属校として設立され、ロイヤル、セントラルと並んで学校評価の大変高いバレエ学校である。学校運営は役員会形式を取るため、校長という呼称ではなく、芸術監督(タマラ・ロホ)、ダンス科部長(カルロス・ヴァルカーセル)によって教育がなされている。

ENBとの強い結び付により、プロダンサーと様々な機会を共有する利点がある。また2年生で構成される「ENB2」は、子ども向けにアレンジされた古典バレエを上演するツアーカンパニーであり、英国内にて半年間で52公演実施する。短時間版に編集された作品ではあるが、ソロの内容は古典からの抜粋であり、テクニックを楽しむことができる。こうした舞台経験はプロへの準備となるため、現在卒業後100%近くの就職率というのもうなずける。

3年間を修了するとロンドン、トリニティ・カレッジのプロフェッショナルダンス・ディプロマを取得する事が出来るが、これはヨーロッパ内ではイギリスのBA(学士)に相当する学位である。英国内コンクールやローザンヌ国際バレエコンクールにも積極的に参加しており、2010年にはファイナリスト20名のうち、3名がENBSの生徒という好成績も残している。2017年には第2学年の日本人在校生がセミファイナルまで進んだ。

2017年9月からダンス科部長となったヴァルカーセル氏は、英語でのコミュニケーションスキルを大変重要視しており、オーディションの最終審査ではインタビューがある。2020年秋には、ロンドン東部に位置する新校舎に移転予定。先に引越しを予定しているイングリッシュ・ナショナル・バレエ団と建物を共有し、更に交流が盛んになることが見込まれている。

ローザンヌ国際バレエコンクール、パートナー校

学校ホームページ: http://www.enbschool.org.uk/

日本講習会情報

2018年12月最終週に、日本での講習会開催が決定しました。詳しくは随時お知らせしてまいります。

所在地(国・都市)
イギリス・ロンドン(フルハムブロードウェイ)
入学年齢
16才以上
生徒数
3学年合計約90名・1年生約30名
コース期間(標準)
3年間
授業内容・科目
クラシック・バレエ、コンテンポラリー・ダンス、ジャズ、スパニッシュ・ダンス、キャラクター、ベネッシュ振付譜、ボディ・コンディショニング、舞踊学、解剖学、振付、音楽他
舞台経験
ENB2 (マイ・ファースト・バレエ)
クリスマス公演、学校公演
イングリッシュ・ナショナル・バレエ団公演
卒業生の進路
イングリッシュ・ナショナル・バレエ/バーミンガム・ロイヤル・バレエ/スコットランド・バレエ他
卒業後の資格
ディプロマ・プロフェッショナル・ダンス
レベル5-6(トリニティ・カレッジ)
授業料
年間£17,000 (2018/2019)
その他費用
EFL(英語授業)・学校保険・保証金・ユニフォーム・ シューズ代など
学生寮・滞在先
寮なし・留学生用宿泊施設・ホームステイ・ルームシェアなど利用

※以下は2018年入学に関する情報です。

サマースクール
サマーA(15ー19才):
2018年7月16日〜20日および7月23日〜27日
サマーB(11ー14才):
2018年7月30日〜8月3日および8月6日〜10日
サマーエントリー方法
12月に受付開始
1週間か2週間のコースを選択。
学校より申込書をもらい、記入した願書を郵送
サマースクール費用
サマーA: £395/1週間 £735/2週間
サマーB: £375/1週間 £720/2週間
スプリングスクール
スプリング・インテンシヴ(13-16才)
2018年2月12日~13日 受講料£175
スプリングエントリー方法
2017年9月11日より受付開始 願書郵送
申し込み後、3週間前後に学校から返信がくる
受験方法
郵送にて出願/国際コンクール入賞/サマースクール参加/プライベート・オーディション
本校オーディション時期
第1次審査:DVD,ポーズ写真、願書を提出
第2次審査:2月10日又は3月15日(先着順に希望日程が取れる)
最終審査:3月16日
本校オーディション応募方法
願書〆切:2018年2月2日(金)郵送のみ
本校応募資格
2018年9月で16歳以上
CEFR : B1 IELTS for UKVI: 4.0以上
2018年より第3学年へ進級する際には、CEFR: B2の取得が必須となる
イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクールに関する最新投稿


すべて見る
セントラル・スクール・オブ・バレエ 講習会
オーディション・インサイト2019