オーディション・インサイト 2019

申込受付中
元ロイヤル・バレエ・スクール校長 ダイアン・ヴァン・スクーア先生が審査官の視点で指導し、海外バレエ留学・カンパニーオーディション合格必勝法を伝授します。ポーズ写真撮影会とビデオ撮影会もあわせて開催。

LIQUID CONNECT
×

ジャパン・ダンス・インテンシヴ(5日間) 〆切迫る!

おかげさまでご好評をいただき、シニアクラスはあと1名で満席となる、第1回「ジャパン・ダンス・インテンシヴ」です。

いよいよ来日の迫ったイギリスチームですが、コンテンポラリー・ダンス講師のロス・カーペンター先生から3本立てのビデオレターが届きました。ウェルズのコンテに関する質問に、楽しく丁寧にお答えいただきました。

インテンシヴの期間中、ロス先生が指導するのは、コンテのテクニッククラスとレパートリー
特にレパートリーでは、教えてもらった振付を、自分の出場するコンクールで使用することができます。

インタビューの撮影場所はロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場。
マシュー・ボーンの青少年プロジェクトのオーディション審査を終えたばかりのロス先生を直撃です!

第1話の質問は「留学前にコンテを勉強しておいた方がいいですか?」
ヨーロッパの事情に詳しいロス先生が答えます。
(字幕をオンにしてご覧ください)

続いて第2話の質問は「クラスの前に準備しておくことは何ですか?」
やったことがないから不安な方にぜひご覧いただきたいインタビューです。

最後の第3話の質問は「10才~12才の参加者は、どんなレッスンをしますか?」
小学生だから体験して欲しい、そんなコンテンポラリークラスが待っています!

たくさんのダンス・ジャンルを経験しておいてほしい。
これは先日のENBSカルロス校長先生も同じことを仰っていましたね。

いつか留学を!と考えている方、ぜひヨーロッパで活躍する先生のコンテンポラリー・ダンスクラスを受けてくださいね。
ジャパン・ダンス・インテンシヴの詳細及びお申込みは、こちらから!