一度は参加してみたい。ヨークシャー・バレエ・サマースクール2017

毎日最高気温20~24度という既に秋のような日が続いているイギリスですが、各地のバレエ学校では、サマースクールが続々開校しています。

今回ご紹介するのは、初回は1973年、ロイヤル・バレエ団の創立者ニネット・ド・ヴァロワが開校式を行ったという歴史あるサマースクール、ヨークシャー・バレエ・サマースクールです。

現在のサマースクール校長は英国両ロイヤル・バレエ団の役員も務める、元ロイヤル・バレエ団プリンシパル、マーギュリート・ポーターMBE

バレエ学校が開催しているわけではないためか、日本ではあまり聞くことのないコースですが、毎年、ロイヤル・バレエを中心に世界中から名だたる講師が集い、質の高いサマースクールを展開しており、ウェルズも注目していたサマースクールです。

過去にはロイヤル・バレエ団芸術監督のケビン・オヘアバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の芸術監督デイビッド・ビントレー、その他多くの両バレエ団ダンサーが生徒として参加しています。

今年のゲスト・ティーチャーは、アンソニー・ダウエルCBEを初め、エドワード・ワトソン、ディビッド・ピッカリング、リカルド・セルヴェラ等々、ロイヤル・バレエ団、バレエスクールを支える面々が名を連ねます。

教師のフルリストはこちらから。

会場は、ロンドンから北へ電車で約2時間の距離にある、こちらも歴史ある街ヨーク。

ヨーク駅舎

駅からタクシーで20分ほどの距離にある、Askham Bryan Collage。
大学の寮に寝泊まりして2週間過ごします。
今年もロイヤル・バレエ・スクールに通う生徒さんたちもたくさん参加しています。

最終日に行われるパフォーマンスを見せていただくのが、今から楽しみです!

(2017年7月15日@ヨークシャー・バレエ・サマースクール)

*ヨークシャー・バレエ・サマースクール参加の申し込みには、レッスンビデオでの審査があります。
来年度の参加ご希望の方は、ザ・ウェルズのお問い合わせ窓口までご連絡ください。
(サマー期間中はスタッフが世界各地へ出張しており、お電話に対応できないことがございます。お問い合わせはメールにてお願いしております。)
なお題名には「サマースクール出願サポート」とお書き添えください。

歴史あるヨークの街

海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。