コンテンポラリー・ダンス・インテンシブのアシスタント、レゲット瑛美が文化庁の新進芸術家海外研修員に選ばれました!

8月に開催される夏のコンテンポラリー・ダンス・インテンシブでも、今年3年目のアシスタント講師を務める予定のレゲット瑛美

文化庁から派遣される研修員として、2年間のコンテンポラリー・ダンスの研修を予定している彼女は、2012年のロンドン(LCDS)時代からThe Wellsがサポートしています。
繊細かつダイナミックな彼女の踊りは、ロンドンで行われたSYD(ショーディッチ・ユース・ダンス)の舞台でもしばしば注目されてきました。

現在、彼女が学んでいるベルギーのP.A.R.T.S.(Performing Arts Research and Training Studios)は、5月に東京と名古屋で来日公演を行ったカンパニー「ローザス」の本拠地です。
芸術監督アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルが設立したコンテンポラリー・ダンス学校です。
3年に一度しか入学オーディションを行わないP.A.R.T.Sでは、3年間のトレーニングサイクルを学ぶ1学年のみが在籍、エリート集団が切磋琢磨して、頭も体もフル回転。
とにかく忙しく過ごしているようです。

夏の講習会では、いろいろと現地の情報なども話してもらい、最終日のパフォーミング時間にはソロ作品を披露していただく予定です。
まさに、「今」のヨーロッパを知る、とても良い機会になるでしょう。
(留学説明会にも参加予定です)

講習会の詳細・お申込みはこちらから

以下、レゲット瑛美のプロフィールをご紹介します。

エイミ・メイ・レゲット(Eimi May Leggett)
オーストラリア、シドニーにオーストラリア人の父と日本人の母の間に生まれる。
3歳からバレエを始め、日本バレエ協会公演「くるみ割り人形」にてクララを踊る。
2010年渡英、Centre for Advance Training (CAT-Trinity Laban)にて初めてコンテンポラリー・ダンスに出会い、Lee Smikle に師事。
17才でロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールに合格したため、飛び級でCATを卒業、同時にショーディッチ・ユース・ダンスに参加する。
2016年9月、P.A.R.T.S.入学のため、ブリュッセル(ベルギー)へ移住。
初演作は”Murmur” (Mafalda Davis), “Eclipse”(John Ross), “Onwards” “Hansel and Gretel(Step Mother)” (Lee Smikle)など。



 

海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。