ローザンヌ国際バレエコンクール第1日目(1月31日)

ローザンヌ国際バレエコンクール第1日目(1月31日)のビデオがアップされていました。
私のように、ライブストリーミング(生中継)を見逃してしまった人も、とっても楽しめる内容です。

長さは1時間くらいですが、内容が豊富なので、
あっという間に観れてしまいます。

先ず最初は男性17才~18才(グループB)のクラシック・バレエ・ソロの練習です。
初めてのリハーサルなので、音楽とのキューや場所などを踊りながらリハしていきます。
緊張感が伝わってきますね!!

そして32分後くらいからは、ディディ・ヴェルドマン(Didy Veldman)による、女性17才~18才(グループB)のコンテンポラリーダンス・クラスです。

ヴェルドマンはオランダ人ですが、母国でダンス学校を卒業した後、ランベール・ダンス・カンパニーで長く踊っていたのでイギリスとの繋がりもたくさんあります。

振付家として活躍する今は、イギリスではロイヤル・バレエ・スクールやロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクール、ランベール・スクールなどで指導をしたり、ランベール・ダンス・カンパニーに新作を振付けたり、The Place劇場(ロンドン)で新作を発表いたりしています。

日本でセントラル・スクール・オブ・バレエの講習会を受けた人は、このレッスンや、ビデオスタートから1時間後くらいから始まる、女性15才~16才(グループA)のコンテンポラリーダンス・クラスに見覚えがあるでしょう。

ヴェルドマンも前セントラル・スクール・オブ・バレエ校長のサラ・マシューズと同じランベール・カンパニーで活躍し、基本のテクニッククラスということで、カニンガム・スタイルを指導していますね。コントラクション、ティルト、カーヴや重心の移動など、マシューズ校長のレッスンを懐かしく思い出しました。

Don’t be on balance!!(バランスに乗らないで!)
I don’t want to see position.(ポジションを見せないで!)

クラシックとの違いに戸惑いながら、ヴェルドマンのリードにどんどんついて行く生徒さんたち。
素晴らしいですね!

そして、この伴奏のパーカッション
やっぱり楽しいなあ。
自然に身体が動いてきます!!!

こんなコンテンポラリー・ダンス・クラスを体験したい方は、11月まで待っていてくださいね。
セントラル・スクール・オブ・バレエの講習会がやって来ます!

さて、少し戻って開始から52分50秒くらいのところからは、男性15才~16才(グループA)のクラシック・バレエ・ソロの舞台リハーサルです。

しっかりとスタッフの方の話を聞いて、キューや場所を確認しています。

緊張もするけれど、皆さん楽しそう(^^♪

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。