ジョナサン・オリヴィエを偲ぶ。

8月9日は、マシュー・ボーン率いるニュー・アドヴェンチャーズの様々な作品において主役をつとめていたジョナサン・オリヴィエの一周忌でした。

 jo
The Wellsスタッフが昨年のセントラル校サマースクール最終日の夜に生徒たちと見に行ったThe Car Man 。ニュー・アドヴェンチャーズのバレエに魅了されて大興奮のロンドン最終日でした。
その翌日、ジョナサンはLucaを演じるためにサドラーズ・ウェルズ劇場に向かっている途中で交通事故に遭い、38歳の若さで突然帰らぬ人となり、千秋楽は中止になったことを、日本に着いてから知りました。
昨日、今年サマースクールに参加している生徒たちにその話をし、今朝、登校の途中にあるたくさんのお花とキャンドルとメッセージが置かれたその場所で黙とうを捧げました。
 IMG_2627
ジョナサンとニュー・アドヴェンチャーズ時代から大変親しくしていた、リー・スマイクルも先日の講習会で、今を生きなさい、人生を楽しみ、ダンスを楽しみなさい!と語りかけていました。きっと彼のことが頭にあったのだと思います。

Every morning and evening, we, Central Summer School girls and a boy walk pass by this photo of Johnny smiling at us.

 

This morning, we paid a tribute to him with moment silence, thanking that they can dance today and promising to pursue their goal.

 

Thank you, Johnny, for beautiful memories.

xxxxxx

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。