【ロンドンニュース】バレエ・セントラル公演、伊藤舞さん


ロンドン・セントラル校3年生で構成される「バレエ・セントラル」の公演が続いています。

 

バレエ・セントラル公演は、クラシック、コンテンポラリー・ダンス、ネオ・クラシック、物語バレエなどバラエティで知られ、毎年人気を博している公演です。

 

10日はロンドン市内にある、ステキなセント・ジェームス劇場で追加公演が開催されました。

 

2014年9月、マユミ・キノウチ・バレエスタジオからセントラル校の2年生へ編入学された、伊藤舞さんの写真が届きましたのでシェアしますね。

 

黒いドレスはフェニックス・ダンス・シアター芸術監督シャロン・ワトソンの作品「Repetition(2) Change」。人間のDNA=本質を探ります。
赤いドレスはバレエ・セントラル新芸術監督 クリストファー・マーニーの「War Letters」ザ・ウェルズは今年1月、ロンドンで少しだけリハーサルの様子を見せていただきましたが、マーニーらしい、早いテンポのチャーミングな踊りが印象的でした。

 

卒業公演まであと3週間を残す所となりました。
最終公演が益々楽しみです。

 

ザ・ウェルズでは今年も11月にセントラル校の講習会&留学オーディション(本校・サマースクール)を予定しています。
詳しいご案内は、ホームページのイベントをご覧ください。
IMG_8378
IMG_8423