1. HOME
  2. ブログ
  3. BBC ヤング・ダンサー・アワード2019

BBC ヤング・ダンサー・アワード2019

2019年3月8日(金)イギリス北部の都市マンチェスターで、
英国放送BBC ヤング・ダンサー・アワードのカテゴリー・ファイナルが開催されました。

南アジア民族舞踊、バレエ、コンテンポラリー、ストリート・ダンスといった、4つのカテゴリーから、それぞれ第1位を選出し、
グランド・ファイナルで更に一人にヤング・ダンサー・アワードが贈られます。

全国放送されるカテゴリー・ファイナルの舞台。周りはTVカメラだらけというだけで、緊張します。

2015年から2年に1度開催され、今回が3回目となりますが、第1回では、セントラル校の当時3年生、石橋沙也果さん(現バレエ・マニラ)が、このカテゴリー・ファイナルに選抜されました。

さて、今年のカテゴリー・ファイナルでは、
セントラル・スクール・オブ・バレエの2年生に在籍する、
土屋景衣子さん(17才・全てのファイナリスト中、最年少!)が出場するということで、鋭意、応援に駆け付けました。

景衣子さんは、2016年にエルムハースト校へのサマースクール参加の頃からのお付き合い。もちろんウェルズサポート生のひとりです。

バレエ・カテゴリー ファイナリストの5名です。
他にはイングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクール、ロイヤル・スコットランド芸術学院、トリング・パークの学生さんたち。

このカテゴリー・ファイナル、昨年10月から2回の予選を勝ち抜いて、
たった5名だけが手にすることのできる快挙です。

演目は、
ソロ1:「眠れる森の美女」第3幕からオーロラ姫のバリエーション(プティパ振付)

パ・ド・ドゥ:「ライモンダ」(プティパ振付)

ソロ2:「Traces」(キャシー・マーストン振付)

パ・ド・ドゥのパートナーには、同じくセントラル校2年生の
アンドリュー・グリックさんが出場してくださいました。

クラシックはセントラル校のレズメ先生(右)、コンテは元ロイヤル・バレエ団のディードリー・チャップマン先生(左)
景衣子さんの隣は、PDDパートナーのアンドリュー君です。

日本からはお母さまも駆けつけて、
手作りのチュチュとティアラで景衣子さんを支えます(感動!)

このカテゴリー・ファイナリストに選ばれると
BBCからメント―と呼ばれる指導者がついて
ファイナルに向けて、更に細かく指導します。

景衣子さんのメントーは、
元スコティッシュ・バレエ団プリンシパルのBethany Kingsley-Garnerでした。終演後、景衣子さんのもとにいらして

「彼女は特別なものを持っているダンサー。教えていて本当に感動した。
特にアッパーボディのエレガンスさは、素晴らしく、将来が楽しみです。」

と仰っていました。

メント―のスコティッシュ・バレエ団プリンシパル、Bethany Kingsley-Garnerさんと

その通り、たおやかで優美なアームスの使い方は群を抜いていて、
セントラル校レズメ先生の指導の素晴らしさ(厳しさ!)が伺われます。

これからのご成長が益々楽しみですね!
来年はバレエ・セントラルで拝見できると思うと、
今からワクワクします!

会場のThe Lowry劇場。
運河沿いの新興文化芸術地区にあり、水辺の美しい劇場です。

カテゴリー・ファイナルの様子や
学校でのインタビュー
メント―の指導の様子などは、

5月3日にBBCで全国放送されます!
(結果はそれまで、秘密!です。お楽しみに!)

マンチェスター・ピカデリー駅。
バージントレインでロンドンから2時間10分。1時間に3本走る特急列車があり、とても便利です。

関連記事

最新記事