【ロンドンレポ】英国ロイヤル・バレエ団「フランケンシュタイン」

英国ロイヤル・バレエ団「フランケンシュタイン」振付リアム・スカーレット(2016年5月4日、ロンドン、コヴェント・ガーデン)
待望のリアム・スカーレット新作、『フランケンシュタイン』
初日に行ってきました!

様々な面で、とても美しいプロダクション。
あの時代の空気のようなものを強く感じました。
アシュトンやマクミラン、それにチャイコフスキー三大バレエへのオマージュのようなシーンやダンス、キャラクターもあり。
ヴィクター・フランケンシュタイン役のフェデリコとクリーチャー役のスティーブンの哀しみがよく伝わって来て、最後は号泣。
物語と登場人物に寄り添って丁寧に作り上げた作品の様に思えたフランケンシュタイン。私はとても好きな作品でした!
が、批評家達のレビューは割れていて、かなりの酷評のものもありました。

もう一つのキャストでも観に行くので、それを観てからまたレポートしますね。
とにかく衣装が綺麗でした!

13173992_1002931243125963_976292631053717980_n

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。