「ブリティッシュ・バレエの伝統を伝えたい。」エルムハースト・バレエ・スクール校長:ロバート・パーカー先生からのメッセージ

1月27日~28日に開催される、
「英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団附属エルムハースト・バレエ・スクール日本講習会/入学オーディション」

来日を目前に控えた校長先生から、メッセージが届きました。


「エルムハースト・バレエ・スクールでは、私が長年ロイヤル・バレエ・スクール、そしてバーミンガム・ロイヤル・バレエ団で習得して来た、伝統のブリティッシュ・スタイルを若い世代伝えるため、そして国際的に活躍できる多様性に富んだバレエダンサーを育てるため、カリキュラムを構成しています。

教師たちは常に、優れたダンサーになるために不可欠なテクニック、そして人間性を磨くため、生徒たちの心と身体の成長を見守っています。

日本の講習会・オーディションでは、その指導の一端を体験してもらえることを、とても楽しみにしています。」


アシュトンやマクミランといったイギリスを代表する振付家の作品を踊り続けてきたパーカー校長。
日本で直接指導を受ける稀少なチャンスです。

講習会だけの受講も可能。
ぜひお見逃しなく!

コースの詳細・お申込みはこちらから。

オーディション・インサイト2019
セントラル・スクール・オブ・バレエ 日本講習会