お問い合わせ電話 あれこれ

オーディションのシーズンになりますと、お電話をいただくことも多くなります。

 

お仕事の合間に、オフィスの外からかけていらっしゃるお父様。

バレエの送迎の合間にかけていらっしゃるお母様。

電話の向こうのお顔を思い浮かべながら、お話をしています。

 

今日のお問い合わせは

「さっき、インターネット検索で 御社のことを初めてみたんですが!サマースクールを探しててどうやったら応募できますか?」

「セントラルのオーディションはいつまでお申し込みができますか?コンクールの結果次第では受けたいのですが」

大阪の会場と東京の会場、どっちがいいでしょうか」

「サマースクールは合格したら絶対に参加しなくてはいけないでしょうか」

「サマースクールのスカラシップはどの会場に参加しても公平に審査をされますか?」

誕生日が9月の終わりなのですが、本校留学オーディションは受けられますか?」

 

など、今月末に迫った セントラル・スクール・オブ・バレエ日本講習会兼本校留学オーディション、サマースクールアドバンストコースオーディション のお問い合わせが多くありました。

 

サマースクールの応募は 講習会で審査されるもの、コンクールの副賞でもらうもの、学校に願書を提出するもの など様々です。

学校別の情報はこちら

もうすぐ、The Wellsでは 出願サポートサービス(長期留学・短期留学)を皆様にご案内できる予定です。

セントラルのオーディションは、

福岡・大阪は 10月27日(金)まで受付

東京は 11月2日(木)まで受付

です。

 

ただし、願書はかなり書く場所があります(もちろん英語です)のでどうぞお早めに。

綺麗に書かれた願書と殴り書きの願書。受け取るほうの気持ちになれるダンサーは有利ですね。

 

大阪の会場と東京の会場、1日間と2日間。

本当にこの学校に行きたい!と意欲を見せるのもいいでしょう。

ほかに予定があるけどチャンスを逃したくない!方もいると思います。

どちらの会場でも自分の実力を最大限に発揮できることを優先にお考え下さいね。

サマースクール、合格したら必ず ではありませんが、参加してくれることを前提に先生方は審査をしていらっしゃいます。

とりあえず力試し というのもありますが 現地に行ってわかることも多く、

サマースクール参加は留学の第一歩になることが多い貴重な機会。

The Wellsのサイトも学生さんたちの声を掲載していますので是非ご一読くださいね。

スカラシップ、注目が高いです。どの会場でも公平に審査をしてくださいます。

 

お誕生日が9月で2018年8月31日にまだ15歳の方は残念ながら来年の入学はできません。

2019年9月の入学を目指して、バレエと英語のお勉強に励みましょうね。

 

日本でもやっておくこと、歯科矯正や歯の治療 は大事です

イギリスでは、目が飛び出すほど歯科治療が高いのです。

 

会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

 

 

エルムハースト・バレエ・スクール日本オーディション2018