ロイヤル・バレエ・スクール:アッパースクールのサマースクール

今週から突然秋になっているロンドンです。

昨日からロイヤル・バレエ・スクールのアッパースクールで、今年初めての試みである、Week3-4が始まりました。

初日に学校前でパチリ
大塚君は去年に続き2回目の参加です。

何が初めてかと言うと…

先週までのトレーニングを中心とした、いつものサマースクールと異なり、

舞台作りを中心に据えた2週間のコースだということです。

講師は全員、元、または現役のロイヤル・バレエ団ダンサー

舞台づくりとは。
パフォーマンスをするということ、
パフォーマンスの「質」とは何かということ、
ダンス以外、キャラクター作りやマイムなど、

そして、更にはプロのダンサーの日々の生活とはどんなものか、
ということについて考察を深めるコースだそうです。

そのため参加者の中には、
現役のダンサー、バレエ学校の学生も含まれます。

ウェルズのサポート生も3名が参加していて、初日に同行してきました。

ビクトリア駅から歩いて直ぐの学生寮にチェックインした後は、

昨年から使われるようになった学生寮。瀟洒な住宅街にあります。

バスでレスタースクエアへ向かいます。
(道路が混んでいてとても時間がかかるので、地下鉄の方が速いかもしれないなあと思いながらバスに揺られて行きました。)

レスタースクエアで降りたら、もう学校は歩いてすぐ。
コベントガーデンの白亜のオペラハウスの真横に学校があります。

花市場だった昔を思い出すようなディスプレイが素敵な、夏のコベントガーデン

お土産のバッグや名札、昼食をいただくオペラハウスの社員食堂への通行証、最終日のパフォーマンスのゲスト用チケットなどを受け取った後は、校内ツアーや避難訓練が行われて初日が終了しました。

2週間後のパフォーマンスが楽しみです!

ロイヤル・バレエ・スクールのサマースクールは、
アッパー/ロウアーともに写真審査のみで合否が決まります(2017年7月現在)

オーディション用写真撮影も可能な
ザ・ウェルズ主催オーディション・インサイト2018の会員限定先行お申込みが始まっています(DMにてご案内しています)。

一般の方のお申込みは、もう少々お待ちくださいませ。

 

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。