バレエ・セントラル2017 ツアー最終公演+卒業式

11月に恒例の日本講習会/オーディションが開催されるセントラル・スクール・オブ・バレエ。
その3年生で構成されるのが、「バレエ・セントラル」です。

他のバレエ学校と明らかに一線を画しているのが、このセミプロフェッショナルと言われるツアーカンパニーです。バレエ団附属の学校が、プロのバレエ団のコールドとして経験を積む一方で、セントラルの3年生は、約30名で1時間半の公演を作り上げます。

春に始まるツアーは20公演を超え、少しずつプロに近づいて行くので、この最終公演の出来栄えは、いつも格別です。

バレエ・セントラルのユニークな特徴は、踊るだけではなく、リノリウムを敷く舞台の準備から、プログラムの販売まで、自分たちの手で行う事です。

学校前の駐車場で照明器具を積み込む3年生

プロのダンサーになってしまったら触ることのない舞台裏を経験することで、舞台が決してダンサーだけで成り立っているわけではないことを理解し、スタッフへ感謝できる優れた人格を育てます。セントラルの卒業生が、バレエ団の芸術監督にプロとしての意識が高いと評価される所以ですね。

このバレエ・セントラルを終えて、初めてケント大学の学士号を取得することが出来る程、学位カリキュラムの重要な位置を占めています。

ツアーの殆どがバスで移動。翌日は学校でその日のビデオを見て更に良い公演を目指してディスカッションを行います。

今年7月、元マシュー・ボーンのダンサー、クリストファー・マーニーが芸術監督を務める「バレエ・セントラル2017ツアー」が、ロンドン東部、ストラットフォード・サーカス劇場でシーズン最終公演を迎えました。

上演作品はマシュー・ボーン、リアム・スカーレットらイギリスの著名振付家の作品が並びます。
イギリスバレエらしい演劇性の高い作品「ドラキュラ」

セントラル・スクール・オブ・バレエの学校公演の最後を飾るのは、いつもこのバレエ・セントラルの公演です。

クラシック・バレエではラ・バヤデール(抜粋)を上演。ニキヤは木原奏音さん

最終公演の翌日には、卒業生が卒論用に準備したソロを踊り、その後、卒業式が行われました。

海賊からのソロを披露して拍手大喝采だった黒田悠介くんは、現在スイスのトレーニング・カンパニーで舞台に立ちながらオーディションの準備をしています。

卒業式には、学校職員の他、マシュー・ボーン氏も出席。
卒業証書はボーン氏から一人ずつが受け取りました。

日本人の卒業生で記念写真。

 

11月にはケント大学の卒業式にも出席できます。

今年のセントラル・スクール・オブ・バレエ日本講習会では、福岡・東京会場で卒業生のお話も予定しています。