オーランド・バレエ・スクール:いよいよフルタイムのプログラムが始まりました!


今日も快晴のオーランド。
昼間の気温は30度を超えています!

スタジオではフルタイム・プログラムが始まりました。

サマーインテンシブという名の通り、月曜日から土曜日まで、ハードな毎日です。

例えばこちらのタイムテーブル。
2Aのグループの生徒さんの水曜日のスケジュールは、

10:00 – 11:30 バレエクラス
11:30 – 12:30 ポワント
12:30 – 13:30 ジャズ
13:30 – 14:30 昼食
14:30 – 16:00 バレエ
16:00 – 17:00 パートナリング

バレエクラスは1日に必ず2回あります。


研修生やOB2のダンサーもいるEグループの場合は

10:00 – 11:30 バレエクラス
11:30 – 12:30 ポワント
12:30 – 13:30 昼食
13:30 – 15:00 バレエクラス
15:00 – 17:00 Broadさんの新作の振付です(これは最終日の公演で踊られます)

毎日バレエクラスの他に2~3種類のレッスンがあり、夕方にはクタクタです。
これを5週間ですから、皆さん本当に体力が必要ですね!
今日は思わずウェルズから、アドバイスを送りました。
必要な栄養素を必要な時間にしっかり摂ること、そしてよく寝ること。
ダンサーは体力勝負ですね!

素敵な先生方にもお会いしました。
EグループとAMA(男性アドバンス)の合同バレエクラスの担当は、
オリビエ・ミュノス先生
現役時代はイングリッシュ・ナショナル・バレエやノーザンといったイギリスのカンパニーでもプリンシパルとして活躍、教師になってからは、オーランドの主任教師だけでなく、YAGPでの講師も務めていらっしゃいます。

レッスン後に「今日はまだ最初だからシンプルなクラスでしょ?」
と仰っていましたが、十分楽しかったですよ!

そしてもうひと方は、エスピノーザ先生
今日はパートナリングのクラスでしたが、不慣れな生徒にも、とても細かく教えていらっしゃいました。

学校では振付家として在籍されていて、最終日の公演では、こちらも新作を発表される予定です。

スタジオから湖を眺めるスタジオなんて、どこを探してもここしかないのではないでしょうか?
羨ましいなあ、Loch Haven (スコットランド語で「楽園の湖」ですが、だれが付けたんでしょうね)という名前も素敵です。

今日はお土産にスクールTシャツを購入。
着心地もなかなか良いですよ!

さて、ウェルズはこのあとロンドンへ移動なので、残すところあと2日。
明日も午後から見学させていただく予定です。