オーランド・バレエ団:石橋沙也果さん


米国大人気の街のバレエ・スクール!

2月の講習会でサマーコースのオーディションが行われるオーランド・バレエ・スクールのある町、米国フロリダ州オーランド。

皆さんはご存知ですか?

実は、The Wellsの地元、千葉県浦安市とは、ある有名なテーマパークがあることから、姉妹都市なんです。

温暖な気候で夏は世界中から夏休みを過ごそうとファミリーが集まる人気の観光地ですが、そんなオーランドを拠点とするバレエ団、オーランド・バレエ団とそのセカンドカンパニー、オーランド・バレエIIには、現在2名の日本人ダンサーが所属しています。

その一人、石橋沙也果さんは広島県出身。

英国セントラル・スクール・オブ・バレエの卒業生です。

在学中はBBCのヤング・ダンサー賞クラシックバレエ部門のファイナリストとして、その踊りが全国放映されました(写真はファイナリスト5名)。

またバレエ・セントラル公演では、「リーズの結婚」のパ・ド・ドゥを踊り、

イギリスのダンス・マガジンの表紙を飾る活躍でした。

セントラル・スクール・オブ・バレエを卒業した後、

オーランド・バレエ・スクールに一年間在学。

在学中はスクールやバレエ団の公演にも出演して

大忙しながら充実した毎日を過ごしていらしたようです。

そして今シーズンからはオーランド・バレエIIに入団。

プロとしての第一歩を歩き始めています。

クリスマスにはバレエ団が空港やパークで「くるみ割り人形」の抜粋を踊ります。

今年、沙也果さんは「金平糖の精」のパ・ド・ドゥを披露する活躍ぶり。

またコロラド州での5回にわたるゲスト出演では、オーランド・バレエ団の男性ダンサー、ニック・パターソンンさんとやはり「金平糖の精」のパ・ド・ドゥを踊り、好評を博しました。

沙也果さんが恩師と語るウィリアム・グラスマン先生の2月バレエ講習会。

オーランド・バレエ・スクールのサマースクール・スカラーシップ参加オーディションも同時開催です。

講習会の詳細とお申込みは、

The Wellsのホームページから