バレエ留学オーディション・インサイト2017 まもなく受付終了です!

チェケッティ・ディプロマコースの撮影も順調に進んでいます!

もうすぐオーディション・インサイトコースで来日される前ロイヤル・バレエ・スクール、ホワイトロッジ校長ダイアン・ヴァン・スクーア先生ですが、ロンドンでもお忙しい日々を過ごしていらっしゃるようです。

先生が現在手掛けている大きなプロジェクトのひとつに、「チェケッティ・レガシー・プロジェクト」があります。その中でヴァン・スクーア先生は芸術監督としてチェケッティ・ディプロマ・コースのDVD作成に携わっていらっしゃいます。

チェケッティのディプロマは、元来プロダンサー用に作られ、クラシックバレエのチェケッティ・メソッドにおいて最高点に当たります。このディプロマコースを学んだ学生の中には、パブロワ、カルサヴィナ、ニジンスキー、ランベール、そして英国バレエの礎でありロイヤル・バレエの創設者、ニネット・ド・ヴァロワという栄光ある名前が並びます。

現在ヴァン・スクーア先生は、ロイヤル・バレエ団バーミンガム・ロイヤル・バレエ団から選りすぐられたダンサーに、コースの内容をひとつずつ指導しています。先生のOKが出た部分から、ロイヤル・オペラハウス内のリハーサルスタジオでロス・マクギボン氏による撮影が行われ、少しずつDVDが出来上がってきています。待望のDVDは来年2017年夏に完成が予定されています。

写真はヴァン・スクーア先生が、ロイヤル・バレエ・スクール時代の生徒であり、ヤング・ブリティッシュ・ダンサー・オブ・ザ・イヤー(2013年)受賞者のカツラ・チサトさんに撮影のための指導をしている時にウェルズのスタッフが撮らせていただいたものです。素早いフットワークや上半身を大きく曲げる独特なスタイルはアシュトンやマクミランに見られる英国バレエスタイルへの濃い影響を示しています。複雑なステップを何度もやり直す様子は、カツラさんの完璧主義と練習への熱意を感じました。

今回のオーディション・インサイト2017は、少人数のクラスでヴァン・スクーア先生のレッスンを連続3日間も受けられる、大変貴重なチャンスです。受講者の皆さん全員に、先生のサイン入り修了証も授与されます。お申込み〆切まであとわずか。ぜひご参加ください。

コースの詳細とお申込みはThe Wellsのホームページから。

ロイヤル・オペラ・ハウスでロイヤル・バレエ団のカツラ・チサトさんをコーチングされるダイアン先生
ロイヤル・オペラ・ハウスでロイヤル・バレエ団のカツラ・チサトさんをコーチングされるヴァン・スクーア先生

セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2017

本国イギリスから教師陣が来日し、講習会で指導をしながらその生徒の可能性を評価する講習会形式のオーディションです。日本国内3箇所でオーディションを受けることが可能で、現地選考に参加することなく合否を知ることができます。いずれ留学したいと考えており、海外の教師の指導は初めてという方にも、講習会と同時にオーディションも開催されるので、プレオーディションとして経験することができる貴重な機会となります。
全ての会場で本国教師による学校説明とQ&A、指導者と保護者の方のための英国留学説明会の時間も設けております。