サマースクールスカラシップ生参加レポート(2)~セントラル・スクール・オブ・バレエ


昨年11月の、セントラル・スクール・オブ・バレエ日本講習会スカラシップに選ばれた3名のうち

米澤一葉さん(シマダバレエ学院)
酒井銀丈さん(酒井裕子バレエ&ダンススクール)
の2名が2016年8月に開催されたセントラル・スクール・オブ・バレエ サマースクールへ参加されました。
(スカラシップ受賞者のうち、松本さんは9月より1年生に入学されます)

米澤さんに続き、第2回目のレポートは酒井銀丈さんからです。

酒井さんは、セントラル・スクール・オブ・バレエのツアー参加者の中では男性おひとりでしたが、今年はサマースクールにボーイズクラス(1週間、2週間)もあり、とても濃い2週間のクラスを経験されたようです。

また所属されているバレエスクールの先生から
「帰国後の彼のバレエは存在感のあるもので、以前のようなはったりや不安定なものがまるで無くなり、
純粋に、堂々と自信に満ちたものに成長していました。
イギリスの伝統やバレエ教育の素晴らしい体制を彼の踊りから感じられ、
言葉で表せないほどの大きなものをいただいてきたことがわかりました。」

とのご感想を頂きました。

 

以下、酒井さんからのレポートです。


サマースクール前は文化や英語など不安要素がありましたが、行ってみたら日本と違う刺激を沢山受けました。

セントラル・スクール・オブ・バレエの卒業公演、イギリスの伝統的な建物、憧れのロイヤルオペラハウスのバックステージツアーなどなど

観光や買い物など実際にロンドンに住んでいるような感覚になりました。

DSC_0573

そしてヨーロッパを中心に各国から集まったダンサーを目指す方々との授業は

私にとっては本当に毎日が充実したものでした。

生活していると英語にも慣れ、一緒にレッスンを受けた

スイス人やイギリス人の友人ともコミュニケーションを取ることができました。

ボーイズのレッスンはバリエーション、ピラティス、コンテンポラリー、ジャズ、choreographなどがあり

色んなジャンルを学ぶことができました。

14113870_813574998780125_1057442955_o

2週間外国で踊ったことで踊りに対する考えも変わり

 

日本での自分と外国での自分の違いも感じ、将来のビジョンが少し見えて帰ってきました。
イギリスでの学びを今後に活かしていきたいと思います。
お世話になりました方々に心より感謝申し上げます。

酒井銀丈


酒井さんのこれからのご活躍も The Wellsは全力で応援しています!!

セントラル・スクール・オブ・バレエの講習会兼オーディションのお申込みこちらから!
東京、大阪、福岡の3会場で開催されます。
東京会場では保護者向けのバレエ留学の説明会も同時開催。

「今」の英国バレエ・ダンス留学の話も満載で実際に留学生のサポートをしているThe Wellsならではの説明会が好評です。

central