【ニッポンレポ】Kバレエ団「眠れる森の美女」主演:中村祥子

マリウス・プティパ振付、熊川哲也演出・再振付、Kバレエ団「眠れる森の美女」(2016年6月5日東京文化会館)

久しぶりの古典全幕バレエでした。
やはりプティパの時代、踊りに関しては見応えがありますねー!

そして舞台も華やか!

熊川氏の演出は只今来日中の「ロイヤル・バレエ団」に良く似ているので、とても演劇的です。
見事な演技力が冴え渡ったのは、オーロラ姫に呪いをかける「カラボス」役のルーク・ヘイドン氏。
ロイヤル・バレエ団のプリンシパル・キャラクター・アーティストを努めていた氏による迫力満点のカラボスが、おとぎ話にさえ引き込まれる、より一層リアルに、深みのある舞台に創り上げていました。

舞台や衣装のデザインはピーター・ファーマー氏。
2011年にロイヤル・バレエ団の「眠れる森の美女」の大幅デザイン改訂も担ったデザイナーです。
格調高くエレガンスなテイストは、万人に好まれるところでしょう。

そして今日の大注目は「中村祥子」さんのオーロラ姫でした。
完璧なテクニックに加え、長年海外でプリンシパルとして踊っていらした自信は、輝くばかりの美しいオーラを放っていました。
日本人としては大柄な中村さんですが、指先、つま先まで繊細にコントロールされ、細やかな表情も豊かで、オーロラ姫の純粋さ、高貴さ、そして喜びが身体中から伝わってきました。
今後もKバレエ団で踊ってくださると嬉しいなと思います。

最後に学生時代からウェルズがサポートしてきた、セントラル・スクール・オブ・バレエの卒業生で現在同バレエ団研修生の片岡沙樹(かたおか さき)さんも、1幕の乳母、そして2幕のコールドに出演。
レッスンとリハーサルの毎日でしたが、今シーズンも怪我なく元気に終えることができました。

毎日コツコツ、バレエって本当に毎日の積み重ねですね。片岡沙樹さんは、ロイヤル・バレエ団のプリンシパルに昇格された高田茜さんとは、日本のバレエ教室の後輩にあたられます。先輩目指して、がんばりましょう!これからも応援していきますっ。

IMG_8377

海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。