【ロンドン公演レポ】トリニティ・ラバン ダンスディプロマ生

13のスタジオとシアターを持つ
英国コンテンポラリーダンスの殿堂、トリニティ・ラバン
その学生公演は長期間にわたり、
ウェルズはDance Diploma生の自作発表を観せていただきました。

ラバンでは、ビザ取得のための英語レベルを低く抑えられる
International Graduate Diploma in Dance and Englishや、BA Foundation Course in Dance and English というふたつのコースを用意して、アジア圏など海外からの留学生を広く受け入れています。

中庭では学生たちがリハーサルに余念がありません。

コース修了時には、校内のシアターにて、
衣装、照明、音楽も全てデザインした作品を
発表する機会に恵まれています。

インターバルを挟んで4つの作品がありましたが、
どれも、個性的で深く探求されており、
新鮮なムーブメントもたくさんありました。

「Constellations」(振付:Melanie Clarke)

毎年11月に実施される
留学のための日本オーディションからは
今年の9月も2名の留学生が入学します。

皆さん、既に優れたダンサーですが、
日本を離れ
インターナショナルな刺激の中に身を投じることで
自分の世界の見方も大きく変わります。
新たな思考的発見をすることに期待しています。

午後9時でやっと夕暮れの日差しになり、きつねも登場

(2019年7月3日・トリニティ・ラバン ブラックヒース劇場にて)

英国バレエ&留学情報

The Wellsの最新情報はメールまたは公式LINEでお届けしています。InstagramやFacebookでは現地バレエ学校情報や留学生たちの活躍などもお届けします。

The Wells Mail News

※ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。

The Wells 公式LINE

友だち追加

※ご希望の方は友だち追加をお願いします。


Instagram
Facebook