オーランド・バレエ・スクール:サマースクールから帰国しました!

オーランド・バレエ・スクールでの5週間のサマースクールが無事終了し、
迎えに行ったウェルズ・スタッフから、
最終週に行われるショーの様子を伝えるレポートが届きました。

オーランドサマースクールの仕上げは
選抜組のエリートサマーアンサンブル(ESE)から始まります。

The Wells サポートの生徒さんは3人とも選抜されました!
ショーの会場は私立高校の講堂です。
敷地内を優雅に鳥が歩いています。

OBSサマースクールのショーが開催された会場

開幕にあたって、スクールのバーガー校長が
この5週間の生徒たちの頑張り、その結果とても進歩したことをコメント。

オーランド・バレエ団のロバート・ヒル氏は
自身の提供する作品「ボレロ」が
とても複雑で難しい構成になっていることを強調されていました。
(ウェルズ生の飯田嵐くんが抜擢!)

観客席はESEに出演しない多くの生徒たちと
出演者の保護者で埋まりました。

フロリダ州オーランド市は元は沼地。その上にディズニーランドが造成された街なので、湖があちこちに点在します。

どのパフォーマンスも短期間にも関わらず素晴らしい仕上がりで、
客席から大きな拍手と歓声が上がっていました。
鍛えられた身体は
クラッシック、
コンテンポラリーの衣装を問わず美しいです。

2日目と3日目は
生徒たち全員が出演のため、
小さなお子さんも含めてその家族が
ショー開始の30分前には長蛇の列を作っていました。

1日目のESEの公演について、
ヒル氏が驚くほどの素晴らしい出来だった、
とコメント。

3日間の公演は、
それぞれの演目は少しずつ違いましたが、
ヒル氏のボレロは3日間とも披露され、
ひときわ大きな拍手を浴びていました。

印象的だったのは2日目に出演した1人の女の子の
「私はこのステージに立てて嬉しい!」という満面の笑みでの演技でした。
ハッピーな気持ちがこちらにまで伝染するぐらいでした。

最終日は最後の演目終了後、
私服に着替えた生徒も全員
舞台になだれ込んで踊り始め、
幕が降りても10分以上名残を惜しむ声が聞こえてきました。

5週間の努力を称え合うように踊る参加者の面々

この5週間のサマースクールで、
インターナショナルな環境の中、
技術だけでなく、
精神面でも大きく成長したことと思います。

参加者の感想は、
このあとのブログでご紹介します。