1. HOME
  2. ブログ
  3. エルムハースト・バレエ・スクール :学内ソロ・コンペティション予選会(6-1:アッパースクールの1年生)

エルムハースト・バレエ・スクール :学内ソロ・コンペティション予選会(6-1:アッパースクールの1年生)

ロンドンから特急電車で1時間半。
バーミンガムのエルムハースト校へ学内ソロコンペティションを見に行ってきました。

ロウアースクールの最終学年、
そしてアッパースクールの1,2年生が毎年クラシック・バレエのソロで競いますが、
今年は初めてコンテンポラリーダンスの部も加わりました。

見学したのはアッパースクールの1年生の回。
今年の9月に入学した学年です。

ウェルズのサポート生2名も
もちろん参戦です。

ミホさんは、「ドン・キホーテ」からキトリの友人のヴァリエーション。
ジャンプは高く、ポーズも美しくピタっときまって、
客席からの歓声もひときわ。
さすがです。

サツキさんは、キトリのヴァリエーション(第1幕)。
テクニックはもちろんですが、華やかな踊りが彼女にとても良く似合って、
レッスン用の黒いチュチュなのに、衣装を着ているように舞台がとても明るくなりました。

日頃はふたりともRADの試験練習にも余念がありません。
通常の土曜日に加え、
平日の早朝レッスンもあり、
一気にグレードを取得してしまおうという作戦です。
来年のアデリン・ジェネ国際バレエコンクールはロンドンで開催されますので、
活躍が期待されます!

コンテンポラリーダンスの部では、
生徒が自分で音楽を選び、約1分半の作品を作ります。
振付コンペティションではないので、
動きの音楽性と体のムーブメントで審査をするという説明がありました。

コンテンポラリーダンス、
特にクリエイティブはいくつも経験することが必要です。

ロウアースクールから上がってきている生徒さんたちは、
さすがにその点が抜きん出ていて、
振付コンペティションでもいいのでは?
というようなクオリティの高さに驚きました。

アッパースクールの留学生。美しく飾られたクリスマスツリーの前で。

いやはや昨年からのエルムハースト校の
全体レベルの向上は驚くばかりです。

今後、益々大きな飛躍が期待されますね。

パーカー校長先生とも、
日本オーディションの最終打ち合わせが終了。
来年はどんなダンサーさんたちにお会いできるか
とても楽しみにしていらっしゃいました。

ザ・ウェルズの
エルムハースト・バレエ・スクールの学校情報はこちらから。

関連記事

最新記事