1. HOME
  2. ブログ
  3. 指導歴48年!ロイヤル・バレエ・スクールにて多くのプリンシパルを育てた伝説の教師が来日!

指導歴48年!ロイヤル・バレエ・スクールにて多くのプリンシパルを育てた伝説の教師が来日!

あのジョージ・バランシンの愛弟子、ビル・グラスマン。

アメリカン・バレエ・シアターでは

ジェローム・ロビンズの作品をいくつも初演するという

今では伝説的な存在でもあります。

 

バレエ・セントラル芸術監督 そしてセントラル・スクール・オブ・バレエ副校長としてオーディションに来日

 

 

現役引退後はイギリスに渡り

ロイヤル・バレエ・スクールでは

初めてのアメリカ人バレエ教師として、19年間の長きにわたり、指導をされてこられました。

そのことは、彼がどれほど素晴らしい教師であったかということの証明にほかなりません。

 

ダーシー・バッセル、エド・ワトソン、ジョナサン・コープと言えば、

ロイヤル・バレエ・スクールを卒業し、

ロイヤル・バレエ団で一時代を築き上げた超一流のプリンシパルたち。

 

ジョナサン・コープ、熊川哲也。19年間のロイヤル・バレエ・スクール時代には、多くのプリンシパルたちをこうして指導してきました。

 

彼らもみな、グラスマン先生を恩師と仰ぎ、会えば昔話に花が咲きます。

 

厳しいトレーニングの毎日で、ビルだけが褒めてくれた。そしてそのお蔭でバレエを続けることができたんだ。」とは

 

現ロイヤル・バレエ団バレエマスターの

リカルド・セルヴェラが語ってくれた言葉です。

 

日本を見れば、熊川哲也氏、そして貞松正一郎氏も

みなグラスマン先生の教え子たちです。

セントラル校の卒業生、谷桃子バレエ団で活躍する池澤嘉政くんと。

 

ウェルズはグラスマン先生の近くで仕事をする多くの機会に恵まれてきましたが

日本に来れば、それぞれのカンパニーのレッスンへ招待するほど

今でもやはり師と仰ぐ姿が見られます。

 

数年前にグラスマン先生と貞松先生のスタジオへお邪魔した際には

団員と一緒にレッスンを受け

誰よりも見事なトゥールをグラスマン先生の前で決めていらした貞松先生がとても印象に残っています。

 

グラスマン先生のレッスンは決して派手ではありません。

ミラクルという表現も似合いません。

静かに、でも的確に指導が進んでいきます。

静かに、穏やかにレッスンが進行します。

 

どんなに広いスタジオでも、生徒たちの目がグラスマン先生を離れることがありません。

その魅力を言葉で表現することは難しいのですが

教わる皆さんが口を揃えて「もう一度受けたい」と仰るレッスンであることは、間違いありません。

 

「グラスマン先生に教えて欲しいから、入学しました。」

セントラル校時代には、何度も聞いた言葉です。

 

ポワントクラスでも的確な指導。

 

 

3月17日(土)~18日(日)には、

オーランド・バレエ・スクールのサマースクール・オーディション兼講習会のために、お忙しいスケジュールの中、来日されます。

講習会だけの参加も可能。
また、オーランドのサマースクールでは、第3週目から最後のパフォーマンスまで、グラスマン先生の指導クラスがあります。

詳しいご案内は、こちらから。

関連記事

最新記事

This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for thewellsinc needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.