この夏チャレンジ!:コンテンポラリー・ダンス

皆さん、こんにちは。
最近よく耳にするコンテンポラリー・ダンスですが、
お稽古していますか?

これからコンテを本気でやろう、
または
海外のバレエ学校のサマースクールや
本校に留学しよう!
と思っている方、

ぜひぜひ、ぜひぜひ!
長い夏休みを利用して、
英語でコンテにチャレンジしてみてくださいね。

小学生からでも本格的なコンテンポラリー・ダンス・クラスが受講できます。

(今年のコンテンポラリー・ダンス講習会の詳細とお申込みはこちらから。)


イギリスのバレエ学校のレッスンや
サマースクールを見ていて思うのは、

やっぱりコンテンポラリー・ダンスの比率が日に日に多くなっているな、ということです。

おまけに昔はバレエ学生さんは日本人もヨーロッパ人もみんな同じようにコンテが苦手で、特に上級生になると何だか(???)が多かったのに、

最近のこちらの学生は、
みんなもう、格好いい!格好いい!

夏の間も、ヨーロッパ各地で
羨ましいほどコンテの講習会が開催されています。

ウェルズのサポート生向けアンケートからも、
留学前のコンテの必要性に着目している様子が伺えますので、一部だけですが、抜粋してご紹介します!

<質問>
留学前に日本でやっておけばよかったと思うことはありますか?

<卒業生>
私は日本でバレエ以外のダンスを習ったことがなかったので、一年生の時はコンテンポラリーや振付の授業についていくのが大変でした。日本で少しやっておけば、理解が早かったと思います。(イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクール)

<2年生>
日本ではバレエだけしかやってこなかったので、コンテンポラリーをもう少しやっておけば良かったと思います。コンテンポラリーになると、身体が思うように動かせず、今でもまだコンテンポラリーの動きに慣れません。(セントラル・スクール・オブ・バレエ)

SYDのクラス

<1年生>
私はコンテンポラリーをもっとやればよかったなと、とても後悔しています。やはり海外の子は日本人とは違う踊りの良さを持っているので…(イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクール)

コンテンポラリーです。今までの経験が少ないため苦労しています。バレエのように重心がどうしても高くなってしまうので、先生からもっと腰の位置を低くするように注意されてしまいます。(汗)(セントラル・スクール・オブ・バレエ)

などなど。
その他にも学生さんの声はこちらでご覧いただけます。

レガット・スクールで指導するリー・スマイクル

現在開催中のサマースクール各校でも、コンテの先生方の指示、大きな声で飛び交っています。

伴奏のパーカッション(色々な太鼓)もクラスの雰囲気を盛り上げます(^^♪

この夏、バレエのレッスンとは全く異なるコンテンポラリー・ダンス・クラス4日間を
英語で受けるチャンスはこちらだけ!

どうぞお見逃しなく。

 

 

海外バレエ留学オーディション合格のための講習会

海外バレエ留学やカンパニーのオーディション合格必勝法を、元ロイヤルバレエ校長のダイアン・ヴァン・スクーア先生が伝授する講習会「オーディション・インサイト2018」。好評につき今年も開催いたします。昨年受講生はロイヤルバレエやワガノアバレエなどにも合格しています。