1. HOME
  2. ブログ
  3. Ballet Central is BACK!!! (バレエ・セントラル公演レポート)

Ballet Central is BACK!!! (バレエ・セントラル公演レポート)

こんにちは!
ウェルズの在英国ガーディアン兼、スタッフ(裏方担当)です!
たまに、Instagramで【ガーディアン便り】を投稿しています。

さて7月3日(土)、
バレエセントラル2021公演に
家族で行ってまいりましたので、
その様子をお伝えします。

【バレエセントラル】

「バレエセントラル」とは、
バレエ学校「セントラル・スクール・オブ・バレエ」で学ぶ3年間のうちの、
最終学年の3年生で構成されるツアーカンパニーです。

例年は、卒業年の3月からイングランドの様々なシアターで公演を行い、
3年間の集大成として観客にパフォーマンスを披露します。

残念ながら、昨年度は新型コロナウィルスの影響で、
ツアーを行うことができませんでした。

【厳しかったコロナの影響】

今年の3年生も、
コロナの影響を多大に受けました。

2年生の3月から、ロックダウンに伴い一時帰国を余儀なくされ、
その後3年生に進級する9月までの半年間は、
各自、自宅からオンラインでの授業をこなしていました。

学校再開も束の間、1月に学校が閉鎖されたので、
3月までの2ヵ月を、
再びリモート授業でこなす日々を続けていたのです。

そして3月!
漸く学校再開となり、スタジオが利用可能になりました。
それからは、まさに急ピッチで本格的なリハーサルへと進んでいったのです。

【ギルフォードの街】

石畳が美しい、ギルフォードのハイストリート

さて、話を公演にもどしますね。
今回私たち家族が訪れたのは、
ギルフォードという都市です。

バレエセントラルは、ツアー期間中、
イングランド中にある、様々な地方のシアターをまわります。
最終公演がロンドンになりますが、
Google Mapsで確認すると、
どの会場もとても素敵なシアターです。

早めに着きましたので、シアターの場所の確認です。

イギリスには、いたるところに、
芸術を応援する、豊かなシアター文化が存在するのだなと感じます。

ギルフォード・Yvonne Arnaudシアター

ギルフォードは、こぢんまりとしながらも、
歴史と都市の利便さがうまくまとまった、美しい街です。

【ブラボー!ブラボー!ブラボー!】

ソーシャルディスタンスの為、座れない座席には白いリボンが。

「Theatre is back!」の掛け声から始まった本日の公演。

公演内容は以下の通りでした:

Le Corsaire Act I (Mazilier / Petipa / Marney)
jigsaw (Charlotte Edmonds)
Highland Fling Act II (Matthew Bourne)

河村さくらさん、そして杉山琴音さんが表紙に載った、今年のパンフレット

「Le Corsaire(海賊)」

ウェルズサポート生の
繭子さんがMedora、琴音さんがGulnare、隼太さんがAliという、
ウェルズ・ガーディアンにとってはこの上ないキャスティングで、
一番前に陣取っていた私たちは
至近距離でその活躍を見届けました。

一言で、素晴らしかったです!

難しそうなリフト、ターンが満載でしたが、
華麗に、鮮やかに次々とこなす姿に、
素人の私も魅了されました。

舞台装飾も、シンプルながら、
布が効果的に使われていて、
同じ布が、船の帆になってみたり、
中世の建物になったり、
洞窟内の住み家になったりしていました。

「jigsaw」(ジグゾー)
セントラル校で現在振り付けの修士コースを学ぶ
Charlotte Edmondsの作品。

2作品目のコンテンポラリー(jigsaw)では、Philip Feeneyさんが生演奏

作曲を手掛けたPhilip Feeneyさんが自ら生演奏なさっていました。
電気ショックを受けたような?何とも言えないユニークな踊りが印象的でした。

「Highland Fling Act II」
Matthew Bourne版のラ・シルフィードからの抜粋ですが、
MBらしく、何とも活動的かつコミカルな作品でした。
衣装もキルトや羽根のついた衣装でお洒落です。

鈴木繭子さん、杉山琴音さん、そして星野隼太さんが大活躍でした!
(最後の挨拶のときにだけ撮影させて頂きました)

繭子さん、琴音さん、隼太さん、
とても元気よく愛らしく、表情豊かに演じていました。
仲間に入りたいぐらいです。
娘(8歳)も、臨場感あふれる舞台に大満足でした。

【すべてに感謝!】

これだけの作品を、3月からの学校再開で仕上げて行ったとは、
見事です。

このツアーカンパニー「バレエセントラル」の一員としての経験は、
学生たちにとって一生残る、かけがえのない経験だと思います!

コロナ禍において、演じるサポート生たちも、
観に行ける私たちも、
ここまで幸運に恵まれて
やっとここまで来ました。
今日の舞台は本当に、幸せなひとときでした。

ロンドンでの最終公演(7月20、21日 19:30よりBritten Theatreにて / https://www.balletcentral.co.uk/book-tickets/)も、
是非観に行きたいと思っているので、
どうか体に気を付けて最終日まで乗り切ってくださいね。

【バブルに分かれて公演】

バレエセントラルは、バブルが2つに分かれていて、
ウェルズのサポート生の構成は以下の通りのようです。

バブル1:
鈴木繭子
星野隼太
杉山琴音

バブル2:
春木有紗
矢野愛奈
川上小春
牧李咲
河村さくら
佐藤さくら

次回はバブル2を見せていただけるよう、
調整中です!

<美味しいおまけ>

夜7時30分からの公演の前にイタリアンで腹ごしらえ

休憩時間にはアイスクリーム

最新記事