1. HOME
  2. ブログ
  3. 【頑張れ!英国バレエ学校留学生】ロックダウンでもトレーニング続行です!

【頑張れ!英国バレエ学校留学生】ロックダウンでもトレーニング続行です!

新型コロナウィルスが依然、猛威を振るうイギリスは
11月5日から12月2日まで、
再びロックダウンとなりました。

日本のニュースでも
大きく取り上げられています。

生活に必須ではない商店が閉まり
仕事がリモートワークに戻る中、

学校は授業を続けます。

9月以降も多くの国でビザの発給や渡航制限のために
留学生の受け入れができない状況にある中、

イギリスのバレエ学校は、
当局に掛け合い、最善の策を尽くすことで、
予定通りダンストレーニングや
アカデミックの授業を再開しました。

学校の入り口には消毒液、職員室もアクリル板で仕切られています

今回のロックダウンでは、
日本からの留学生たちも
春のような一時帰国はせずに、
トレーニングを続けています。

どの学校からも
「生徒の皆さんが、
この厳しい状況の中で、
様々な制約を受け入れ、
ルールを守ってくださることに
深く感謝しています」
というメッセージが
生徒やその保護者へ贈られています。

スタジオではソーシャルディスタンスを保つよう、人数が制限されています

今回のロックダウン期間中は、
平日の外出は通学時のみ
週末は自分ともうひとりの二人だけであれば、
屋外で会うことが許可されます。

それでも、新入生からでさえ、
「平日はいつも学校との往復だけだし、
近くのスーパーで食料品は買えるし、
生活で困ることはないから大丈夫です!」
という心強い言葉が聞えてきました。

学校からの帰り道
通学路にはテムズ川にかかる大きな橋も!

保護者の方からは、
「何かと制限・制約がある中での日常生活となりますが、
思い通りにならない中で暮らしや生き方を工夫することは、
若い世代には有意義な経験ともなりうると思います。

惑わすものが少なくなるこの機会が、
トレーニングや語学学習、
そして将来に向けたプランニングに集中できる(はずの)
いいチャンスだと考えたいです。」

という、
前向きなメッセージが届いています。

大人でさえモチベーションを保つことの難しい
この状況にあって、
ひたむきにトレーニングに向き合う留学生たちに
今日も背中を押されています。

マスクは必須!

一緒にがんばろう!

関連記事

最新記事