1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ロンドン公演レポ】エルムハースト・バレエ・スクール学校公演

【ロンドン公演レポ】エルムハースト・バレエ・スクール学校公演

ロンドンから特急電車で1時間半。
バーミンガムは近年ロンドンの通勤圏内になりましたね。

車窓に広がる、イギリスの田園風景

とは言え、内陸で
ロンドンよりも気温は3度は低いだろうなと話しつつ
バーミンガムに近づくにつれて
段々雲行きが怪しくなる車窓を眺めて行きました。

そんなバーミンガムですが、
エルムハースト校の校舎は素晴らしく
毎年、公演をとても楽しみに伺います。
そして今年は、
3年生のエルムハースト・バレエの作品も初お目見えです!

公演タイトルは「AWAIKEMINGS」(目覚め)
眠りの美しい写真が表紙のプログラムです。
(男性は9月からバーミンガム・ロイヤル・バレエ団に入団する
Ryan Felixくんです。)

最終学年生の「エルムハースト・バレエ」は今年2月に創立されました。

バレエ、ジャズ、フラメンコ、キャラクターダンス、
そしてもちろんメインの
コンテンポラリーダンスとクラシックバレエ
ワクワクするラインナップです。

日本人留学生の鬼門「ジャズ」
折角のイギリスだから、ミュージカルをたくさん観て、勉強してね!

いつも振付家を招へいして制作する
コンテンポラリーダンスでは、
ウェイン・マクレガー「エンティティより抜粋」
そしてマシュー・ボーンの「白鳥の湖」に出演中の
James Lovell(昨年の卒業生です)の作品「PHOSPHENES」

それぞれの学年が良くリハーサルされたコンテンポラリーダンス作品

コンテでは9年生以上が
それぞれ1作品ずつを踊ります。

それぞれの担任の先生方の振付で、バレエ作品が披露されます。ポール・ド・ブラは必須!

バレエにしても、コンテにしても、
エルムハースト・バレエの生徒=最終学年生は
2月の公演のために長い期間リハーサルをしていましたから、
完成度は高く、見応えがありました。

ロウアースクールは必ず披露するスコティッシュ/アイリッシュテイストのキャラクターダンス

日替わりでキャストが変りますが、
ウェルズが拝見したのは11日。
残念ながらアッパースクールサポート生の
クラシックレパートリーは見れませんでしたが、
ガーディアンからは
「可憐で美しいライラック・アテンダントでしたよ!」
と嬉しい報告が届いていました。

フラメンコの授業は数年かけて仕上げます。とにかく格好いい。

出演したフラメンコもジャズも
これまでやったことがなかったとは思えないほど
堂々とした踊りっぷりで、
充実した1年間だったことが伺えます。

ロウアースクール生のジュリさんも
怪我でバレエには出演できませんでしたが。
元気にジャズナンバーを見せてくれました。

公演が終わってホッとした笑顔の3人。
1年間おつかれさまでした。

バレエはもちろん
それ以外の踊りがそれぞれの専門家からマスターできることも
バレエ学校留学の醍醐味ですね。

それらは即ち、バレエでも重要な、
プレゼンテーション力を育てることになります。

9月からはアッパースクール1年生に2名の日本人留学生の入学が決まっています。
それぞれの目標を目指して、
益々切磋琢磨してほしいと思います。

来年の日本講習会/入学オーディションは
1月18日~19日です。
申込受付までもう少し、
カレンダーに印をつけて待っていてくださいね。

(2019年7月11日@エルムハースト・バレエ・スクール)

関連記事

最新記事