セントラル・スクール・オブ・バレエで得られる大卒資格について


セントラル・スクール・オブ・バレエの3年生を修了するとケント大学の学士号が授与されます。

タイトル名は、BA(Hons) in Professional Dance and Performance です。
アメリカの大学同様、文科省で定める日本の大学士には認められませんが、最終学歴として海外でも充分に通用する資格です。またディプロマは専門学校卒業資格ですが、そのレベルは学校によって異なります。

セントラルの学位は、広い範囲の勉強ではなく、プロフェッショナル・パフォーミング・アーツという専攻に必要な科目に特化した勉強内容です。また日本の大学のように一般教養は勉強しません。セントラルの進級試験は実技以外には小論文で審査されるので、じっくりと時間をかけて準備していきます。

 


ケント大学について(ウィキペディアより引用)

ケント大学(英:University of Kent)は、英国イングランドケント州カンタベリーに位置する国立大学である。1965年に英国政府によって設立された、いわゆる新設大学 “plate glass university” [注釈 1]のひとつである。

メインキャンパスのカンタベリーのほかに、ベルギーブリュッセルトンブリッジen:Tonbridge)、メドウェイen:Medway)、ワイen:Wye, Kent)などにキャンパスがある。創立は1965年。敷地面積はおよそ300エーカー東京ドーム26個分)。学部、大学院を合わせた学生数はおよそ18,000人(2008年現在)。全学生のおよそ4分の1が、世界約110カ国から集まった留学生で構成されている。

英国政府によって2014年に実施された最新のREF(Research Excellence Framework)によれば、ケント大学の研究水準は、全英ランキング17位(語学・言語学が3位、宗教学が7位)。ガーディアン紙においては全英16位を得ている。