1. HOME
  2. 学校ガイド
  3. ノーザン・バレエ・スクール【英国バレエ学校ガイド】

GUIDE

学校ガイド

ノーザン・バレエ・スクール【英国バレエ学校ガイド】

ロンドンの北西290kmの位置にある学園都市マンチェスター。
その中心に位置する目抜き通りオックスフォード通り沿いの「ダンス・ハウス(Dance House)」が、ノーザン・バレエ・スクールの本拠地。

1930年代アールデコ様式の建物は、古い味わいある部分が大切に保存されつつも、現代のダンス・スクールとして、スプリング入りフロア、全面ウォール・ミラー、冷暖房設備、フィジオルーム、カフェなど、恵まれた設備が整っている。

また430席の劇場を有し、昼間はリハーサル室のひとつとして、また夜は学校生徒の公演会場としてだけでなく、外部団体の公演も開催され、学生にとって毎日が刺激的な生活となっている。

現在も校長を務めるパトリシア・マクドナルドによって1977年に創設され、以来、彼女に率いられた献身的で高度な資格を持つ有能な教師陣と音楽家からなる教師陣が、日々、真摯に学生たちと向き合い、プロとしてのキャリアへ進むためのトレーニングを提供している。その教育水準は、イギリスの教育評価局(OFSTED)で最も高い「優等(Outstanding)」の評価を受けていることからも自明だ。

また彼ら指導陣をサポートする学校スタッフの活躍は、アットホームで活気あふれる学校の様子に触れることで自ずと知ることができ、日本からの留学生を送り出す家族の安心材料を提供している。

バレエ専攻とジャズ専攻の2コースがあるが、1年次にはどちらのコースに所属していても同じカリキュラムの中で切磋琢磨する。これは、現代のバレエ・ダンサーに必要な演技力や多様性を身に着けるために大変有効であるだけでなく、学生が自分の中にミュージカル・シアター・ダンサーとしての才能を見出すきっかけにもなっている。キャッツ、ライオン・キング、パリのアメリカ人、オペラ座の怪人など、バレエ・トレーニングを受けた人材が求められるミュージカルも日本に多く上陸していることからも、これからのバレエ・ダンサーのキャリアのひとつとして考えることができる。

2年生進級時に改めてコースの専攻を選ぶことができるのも、大変魅力的だ。

また校長自らが20年間、RAD(Royal Academy of Dance)の試験官だったこともあり、RADやISTD(チェケッティやジャズ、タップなど)の資格取得のトレーニングも可能。教師としての勉強を目的とした留学にも広く門戸を開いている。

  • 日本の高校を卒業後、18才以上での入学も可能
  • 学校寮はないが、学生の街ならでは、安全で比較的安価な学生寮に滞在できる
  • 第3学年では、マンチェスター・シティ・バレエ団に所属し、学校に隣接する専用劇場で豊富な舞台経験が得られる
  • 9月、1月、4月入学が可能(コース修了後資格については、個々のケースで要確認)

学校ホームページ:
英語:https://www.northernballetschool.co.uk/en/welcome
日本語:https://www.northernballetschool.co.uk/ja/welcome


日本講習会/オーディション情報

*2019年10月13日・14日 に、予定されておりました日本オーディションは、台風のため中止となりました。現在、学校ではビデオオーディションを受け付けています。
ザ・ウェルズの出願サポートもご利用いただけます。

 

 

所在地(国・都市)
イギリス・マンチェスター
入学年齢
16才以上
生徒数(2018/2019年度)
第1学年:30名
第2学年:31名
第3学年:28名
コース期間(標準)
ロウア―スクール 5年間
アッパースクール 3年間
授業内容・科目
3学年を通じて、以下4つのモジュールからそれぞれの専門に合わせた授業を選択する。
①ダンス・スタディ:バレエを中心にコンテンポラリーダンスやジャズ、タップなど多岐にわたるダンスを学習する
②パフォーマンス・スタディ:ダンス・スタディで学ぶ技術を更に舞台芸術として発展させるための学習(レパートリー、演技、ボーカル、メイクアップ、小道具、衣装など)
③文脈的学習:ダンスに関連する様々な事柄について学習(解剖学、舞踊と関係する音楽、自らの持つ体型を生かす技術の向上方法、怪我予防、栄養学、職場の安全管理、雇用契約など)
④補助的学習:トレーニング期間だけでなく、プロ活動期間、またその後のキャリアとなり得る専門知識の学習(ピラティス、ボディ・コンディショニング、指導学習など)
舞台経験
学年末公演
マンチェスター・シティ・バレエ団
卒業生の進路
シビウ・バレエ(ルーマニア)、シネヴォックス・ジュニア・バレエ(スイス)、ミスティック・バレエ(コネチカット)、アジュカン・バレエ・シアター(ニューヨーク)、カンパニー・モディ・ジュニア(フランス)、コースタル・シティ・バレエ(カナダ)、ニュルンベルグ州立バレエ(ドイツ)、サラエヴォ国立劇場(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、トゥールーズ・ジュニア・バレエ(フランス)、ディズニーランド、ライオン・キング(ミュージカル)、ヘアスプレー(ミュージカル)、P&Oクルーズ、プリンセス・クルーズほか)
卒業後の資格
ノーザン・バレエ・スクール ディプロマ
(Trinity Collage Level 6 = Foundation Degreeレベル)
授業料 (2019/2020):
£14,640
*入学金、保証金は無し
*学期毎の分割払い可
その他費用
ユニフォーム・シューズ代・課外授業費など
学生寮・滞在先
市内の学生寮を利用
学生ビザ
Tier 4 (General)
CEFR: B1 (IELTS for UKVI – General またはAcademic: 各科目4.0以上)取得が必須

本校(長期)留学情報

受験方法
・日本オーディション参加(2019年10月13日・14日 東京)
・郵送にて出願
・サマースクール参加
・プライベート・オーディション
本校オーディション時期
日本オーディション:2019年10月13日・14日(東京)
本校現地オーディション応募方法
願書〆切:未発表
本校応募資格
16才以上

サマースクール

期間・対象
サマー(サマースクール開催時に14才以上):2020年8月3日(月)〜8月8日(土)
出願方法
願書送付
サマースクール費用
学生用ホステル費込み£700(朝夕食事付き)・寮なし£400