トリニティ・ラバン ダンス学部【学校・留学情報】

ロンドン南東部の新規開発地に立つイギリス随一の素晴らしい施設を誇る、トリニティ・ラバンの最大の特徴はそのカリキュラム/コースの豊富さにある。音楽とダンスに特化した大学であるだけに、ダンス科だけでも、コンテンポラリー・ダンス学士コース、1~2年(または1学期間)の留学コース、コンテンポラリー・ダンス修士コース、振付修士コース、また研究を主とする博士コースまで、12コースが準備されている。

そして2018年から新たに1年間の入学準備のための基礎学位コースが設けられ、本入学前にダンスと英語学習の両立が可能になる。高校卒業後、バレエからコンテンポラリー・ダンスへ転向していくダンサーにとって、またそれまで多様なダンスを経験してきた学生にとっては、まさに本流の刺激と教育を受けるにうってつけの大学だろう。

そして、おなじ大学の音楽科とのコラボレーションは、お互いを刺激し、向上させ、現代パフォーミングアートの先端を担う若者を多数輩出している。学士コースの卒業生の6ヶ月以内の就職率が99%であることも、その他名門校に匹敵する教育レベルの高さを示している。専属ではないが校舎から徒歩圏内に大学寮を配し、新規開発地区の中心として、広く英国のダンス教育に貢献している。

2017年の第一回日本オーディションには多くの学生が参加し、1名が基礎学位コース、1名が修士課程コースに入学予定となっている。是非一度、サマースクールなどの短期コースに参加して、コンテンポラリーダンスの文化・芸術的立ち位置の日本との違いを実感して欲しい。

学校ホームページ: http://www.trinitylaban.ac.uk/study/dance

所在地(国・都市)
イギリス・ロンドン(グリニッジ)
入学年齢
18才以上
(トリニティ・ラバン大学準備コース入学)
生徒数
3学年約150名、1年生約50名
コース期間(標準)
準備コース(1年間)
学位コース(3年間)
修士コース(1年間~)
その他
授業内容・科目
コンテンポラリー・ダンス、クラシック・バレエ、クリエイティブ、振付、舞台芸術史、舞踊学、比較文化論、ボディコンディショニング、解剖学、音楽他(準備コースは英語授業もあり)
舞台経験
学内の劇場にて随時作品を発表
卒業生の進路
アクラム・カーン/リチャード・オルストン/ランベール/ヤスミン・ヴァーディモン/ホフェッシュ・シェクター/フェニックス・ダンス/DV8など
卒業後の資格
BA (Hons.) in Contemporary Dance
MA in Dance Performance (Transition Dance Company)
International Graduate Diploma: Dance & English
他多数
授業料
年間£17,850
その他費用
保険・生活費など
学生寮・滞在先
留学生用宿泊施設・ホームステイ・ルームシェア

※以下は2018年入学に関する情報です。

サマースクール
8月の1~2週間
自分でコースを組み立てる
サマーエントリー方法
3月中旬要項発表
サマースクール費用
コース期間により変動
スプリングスクール
無し
本校オーディション時期
日本オーディション開催(10月25日、26日)
本校オーディション応募方法
合格者はUCAS オンライン出願
本校応募資格
準備コース:IELTS for UKVI 4.0以上
学位コース:IELTS for UKVI 6.0以上
セントラル・スクール・オブ・バレエ 講習会
オーディション・インサイト2019