セントラル・スクール・オブ・バレエ講習会/オーディション2018

英国屈指のバレエ専門学校「セントラル・スクール・オブ・バレエ」から本国から校長はじめ教師陣が来日し、指導しながら可能性を評価する講習会形式のオーディションです。

  • 2019年サマースクール・アドバンスコースへの入学許可も同時審査(無料)。さらにフルスカラシップ2名授与
  • 渡航せずに合否がわかる。プレオーディションにも最適
  • 校長先生自らが審査、学校説明とQ&Aも開催
  • 東京会場の学校説明会には卒業生も参加。生の声が聴けます
  • 大阪会場(1日)10000円、東京会場(2日間)20000円(ともに税抜)で本場の講習とオーディションを体験

2018年開催分は、学校側のご協力により例年よりも低料金で開催することが可能になりました。(講習会だけの参加も歓迎です。)留学に興味を持ち始めたばかりの生徒さんにもおすすめします(全クラス通訳付き)



大阪会場

2018年11月9日(金)
※大阪会場のお申込み受付は終了いたしました。

時間:17:00-21:00

16:00 受付開始 | 17:00- バレエクラス | 18:30- ポワント/アレグロ | 19:30- 学校紹介 | 20:00- レパートリー | 21:00- インタビュー

会場:ガレージ・アート・スペース(東大阪)
アクセス:大阪市営地下鉄・高井田駅、JR おおさか東線・高井田中央駅より徒歩10分、近鉄・河内小阪駅より徒歩15分
費用:10,800円(税込)/本校入学オーディション:5,400円(税込)/サマースクールオーディション(無料)

生徒が講習会に参加している指導者の方のみ、見学が可能です。事前にお問合せ画面よりメールでお知らせください。(定員のため受付終了いたしました。)

東京会場

2018年11月10日(土)11日(日)*2日間受講必須
時間:10日 15:00-19:00

14:00 受付開始(開場14:30) | 15:00- バレエクラス | 16:30- ポワント/アレグロ | 17:30- 学校紹介 | 18:00- レパートリー

11日 10:00-14:00

9:30 受付開始 | 10:00- バレエクラス | 11:30- ポワント/アレグロ | 12:30- 学校紹介 | 13:00- レパートリー | 14:00- インタビュー

会場:新宿村スタジオ 
アクセス:新宿駅より徒歩20分/地下鉄丸の内線西新宿駅より徒歩7分/地下鉄丸ノ内線、大江戸線中野坂上駅
費用:21,600円(税込)/本校入学オーディション:5,400円(税込)/サマースクールオーディション(無料)

対象 バレエ中級以上の男女
講習会対象年齢:13才~19才 (1999年9月1日生~2006年4月1日生)
本校留学オーディション対象年齢:16才~19才 (1999年9月1日生~2003年8月31日生)
締切 大阪会場 11月5日(月)/ 東京会場 11月7日(水) ※両会場とも、定員に達した場合はその時点で申込受付終了となります。

※東京会場のお申込み受付は終了いたしました。

内容

バレエクラス/ポワントクラス:
英国バレエ学校のバレエクラスを生で体験します。バレエ団へも楽曲を提供する天才フィリップ・フィーニーの伴奏で、より一層イギリスバレエ学校を感じていただけます。
バレエ・セントラル・レパートリー:
芸術監督クリストファー・マーニーから直接レパートリーを学ぶ稀少な機会です。クラシックバレエを軸に、多様性を持つダンサーを育成する学校の特徴が良く分かるレッスンです。
学校紹介:
学校長による学校やバレエ・セントラルの紹介(通訳付き)、現在日本にいる日本人の卒業生が実際の様子を説明します(卒業生による説明は東京会場のみ)
見学:
生徒が講習会に参加している指導者の方のみ、見学が可能です。但しザ・ウェルズへの事前連絡が必須です(当日対応は会場の都合上不可)※スタジオの定員の都合によりご希望に添えない場合もございます
特典:
講習会参加者には参加者限定のフォローメールを配信します。ハイディ校長からのメッセージや、ウェルズのまとめた講習会のポイントなど、受講後の参考になさってください。(個別のコメントではありません。)
※エントリー時にご登録いただくメールアドレスに届きます

2019年夏、セントラル・スクール・オブ・バレエは新校舎へ移転します。

⇒ セントラル・スクール・オブ・バレエの学校ガイドを見る

卒業時に大学の学士号を取得できるバレエ学校

セントラル・スクール・オブ・バレエはイギリス・ロンドンにて1982年設立されました。現在は3学年約100名の生徒が所属。バレエの技術的向上と共に高い芸術性を持つダンサーを育て上げる事を目標にしています。伝統校にも劣らぬ教育レベルの高さに加え、ダンサーとしての技術以外にも、一般社会でも通用する大学の学士号・英語力やプロとして生きていくためのさまざまな経験を手に入れることが可能です。

第3学年時には独自のツアーカンパニー「バレエ・セントラル」に所属してイギリス各地で公演活動を経験し、このことから、セントラル校卒業生の入団当初からのプロ意識の高さは、各カンパニーから非常に高く評価されています。

卒業後日本ではKバレエカンパニーやスターダンサーズバレエ団、ノイズム、そして海外では英国をはじめ、世界中のバレエ団でクラシック並びにコンテンポラリーダンサーとして活躍しています。

ポイント
クラシックバレエにおいてケント大学の学士号取得可能

世界で34校(英国内3校)に限られるローザンヌ国際コンクールのパートナー校

独自のツアーカンパニー「バレエ・セントラル」での公演活動


学校紹介ムービー「The Central Dancer」には、The Wellsのサポート生も2名登場。今年卒業してミルウォーキーに渡米研修中の上村光さんは河辺のロケにも抜擢されています。ぜひご覧ください。

サマースクールにチャレンジ!

2019年サマースクールオーディションを無料で実施します。The Wellsでは、サマースクールの際にスタッフ同行の参加ツアーを設定しています。観劇や観光も織り交ぜて楽しみながら本場英国バレエに触れる人気の企画です。セントラルへの本校留学目指す方はもちろん、初めての海外経験という方にもぴったりです。

▼2018年 Wellsサマースクールツアー 参加者アンケートより

    「サマースクール参加を決めた理由は?」

  • 英国のロイヤル・スタイルのバレエが大好きなので
  • クラシック以外にも幅広く学べると思ったしワークショップの時に先生の指導がとても好きだったのでサマーに行ったら成長できると思ったから
  • 世界のバレエが好きな人達とレッスンしてみたかったから。海外に自分は合うかどうか確かめるため。
    「参加したあとの感想は?」

  • 2週間とても楽しく過ごせ、有意義な時間でした。色々なジャンルのクラスを受けることができ、新鮮でした。
  • Wellsチームと一緒に2週間を過ごせてとても良かったです。レッスンでは、日本人だけでなく外国人の子とも仲良くなれて、普段は出来ない経験でした。土日の観光ではイギリスの名所へ行ったり、お買い物をしたりして、とても楽しかったです。2週間毎日が刺激的で良い経験になりました。
  • Jazz やcharacterは、やった事が無かったけど、周りの子と教えあったりして何とかできた。外国の子は、コンテやジャズが上手でコリオでは、動きのアイデアが豊富ですごいと思った。クラスを受けて学ぶこともたくさんあったけれど、環境や周りの子からも学ぶことがたくさんありました。ロンドンの街はお花があったり、老夫婦がおしゃれをしてオープンカーに乗っていたりして、こんな美しい環境で暮らしていたら、踊りもエレガントで、feelingも感じられるのかなと思いました。
    あとは、一緒に行った子と仲良くなれて本当に良かった!みんな優しくて、面白くて、毎日踊れることの喜びとlovely な仲間達と2週間過ごせて、幸せでした。また、ロンドンに戻りたいと思いました。
  • 初めての海外のサマースクールだったけど、楽しんで色々なことを学べて良かったです。今回のサマースクールで、色々な国の友達が出来て、自分の世界が広がったので、もっとたくさんのことを経験したくなりました。2週間本当にお世話になりました。ありがとうございました!
  • 毎日が大好きなバレエのレッスンそしてツアーで一緒のお姉さん方が皆さん優しくて、とても充実した2週間を過ごす事ができました。
    お互い英語が話せないイタリア人の皆とも、なんとかジェスチャーで会話が出来て、とても仲良くなれたのが嬉しかったです。
    サマースクールで学んだ事を糧にこれからもバレエを真摯に受け止めレッスンに励んでいきたいと思います!
  • バレエではテクニックも大切だけれど、それよりfeelingやpassionの方が大切で、それがダンサーの個性を作る」ということが胸に響きました。一生忘れられない経験でした。もっと上手になって英語力もつけて、自分の力でいけるくらい強くなります

セントラル・スクール・オブ・バレエに関するブログ記事をチェック

講師紹介

ハイディ・ホール / Heidi Hall
Director Central School of Ballet(セントラル・スクール・オブ・バレエ校長)
セントラル・スクール・オブ・バレエ卒業。バレエ・セントラルの10周年記念公演に出演。
学校創立者である故クリストファー・ゲーブル氏の指導を直接受け、サドラーズ・ウェルズ劇場にて上演されたノーザン・バレエ団のシンデレラに氏とともに関わる。

バレエ並びにミュージカルシアターの舞台におけるキャリアも長く、ボリショイ・バレエ団「眠れる森の美女」(ロンドン・コロシアム劇場)へのゲスト出演、ロイヤル・アルバート・ホールにて開催され、世界中のスターが共演した「オペラ座の怪人」25周年記念公演にも出演する。キャメロン・マッキントッシュ、アンドリュー・ロイド・ウェバーとの仕事などそのパフォーミング・アーツ界における人脈と活躍は多岐にわたる。

現役ダンサーとしてのキャリアと平行して、数多くの専門学校で指導を続け、イングリッシュ・ナショナル・バレエの教育部門でも仕事を続ける。

現役引退後は大英ナショナル・ユース・オーケストラにて、ロイヤル・フェスティバル・ホール、セージ・ゲートヘッド、BBCプロムスでのコンサートを監督する。

セントラル校では2011年からバレエ・セントラルのカンパニー・マネジャーとして同校に深く関わり、パリのイギリス大使館をはじめとする多くのコラボレーションを実現。卒業生のひとりであり、故ゲーブル氏の志を受け継ぐ者として、2016年9月より、校長に就任し、ダンサーの育成と教育に情熱を注ぐことに大変な喜びを感じている。

クリストファー・マーニー / Christopher Marney
Artistic Director (Ballet Central)(バレエ・セントラル芸術監督)
セントラル・スクール・オブ・バレエ卒業。
在学時は学校創立者である元ロイヤル・バレエ団プリンシパルの故クリストファー・ゲーブル氏の指導を直接受ける。卒業後はマシュー・ボーンのモーション・ピクチャーズ(現ニュー・アドベンチャーズ)にて代表作「白鳥の湖」の王子等、主要な役柄を演じ、脚光を浴びる。
その後、大陸に渡り更にバレエ、そして振付家としての探求を続け、ダンサーとして活躍すると同時に多くの作品を作り出している。
帰国後はマシュー・ボーンの作品の主役を踊りつつ、ボーンの右腕として振付やダンサーの指導にも携わる。
2014年セントラル校にて振付家としてのMA(修士号)を取得。
芸術監督就任後、初のシーズンとなった2016/2017年のバレエ・セントラルでは、リアム・スカーレット、マシュー・ボーンらの作品も取り入れて、学生の多様性をアピールすることに成功。多くの批評家、ダンス雑誌、新聞等にて絶賛された。
フィリップ・フィーニー / Philip Feeney
Music Director (Ballet Central)(バレエ・セントラル音楽監督)
ケンブリッジ大学にてロビン・ホロウェイ、ヒュー・ウッドに師事、作曲を学ぶ。その後、ローマのTeatro-Danza Contemporonea di Romaにて働きながら、フランコ・ドナトーニに学ぶ。作品はイタリア、イギリス両国にて広く演奏され、バレエ・セントラルでは、その発足時より音楽監督を務め、カンパニーに20曲以上の作品を提供している。セントラル校ではクラス伴奏も務めている。彼の力強く繊細な音楽は、ダンサーにインスピレーションを与え、あたかも音楽が踊っているようだと評される。